藤沢武夫の名言|シンプルにすることの大切さ

私の経営信条は、すべてシンプルにするということです。シンプルにすれば、経営者も忙しくしないで済む。そのためには、とにかく一度決めたら、それを貫くことです。状況が変わっても、一筋の太い道を迷わず進むことです。

藤沢武夫 の経歴

藤沢武夫、ふじさわ・たけお。日本の経営者。「ホンダ」社長CEO(最高経営責任者)。本田宗一郎のビジネスパートナーとしてホンダの成長を経営面から支えた経営者。技術開発は本田宗一郎が担当し、経営は藤沢武夫が受け持つという二人三脚でホンダを世界的企業へと成長させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私が誠心誠意でお客様と向き合うことの大切さを痛感したのは、実はアダルへ入社する前、住宅メーカーで営業の仕事をしていた時のことです。最初の1年間は、なかなか商品を買ってもらえず苦悩の日々でした。「もう辞めようか……」と考えていた矢先、お客様から「武野さんだから家買います!」と言って頂けたのです。その言葉にとても救われたのを覚えています。それからは「お客様を好きになろう」「お客様のために働こう」と思うようになりましたね。あの時もがいたからこそ、お客様にご満足頂けることへの喜びに気づけましたし、今の仕事のスタイルの基盤となっています。

武野龍の名言|もがいたからこそ気づけた


その国、そこに住んでいる人を本当に理解するために努力をしなければいけない。同時に、日本のことを本当に知らなければ、外国を理解することはできない。

阿南惟正の名言|日本のことを本当に知らなければ、外国を理解することはできない


私は話しながら考えるタイプ。テーマが与えられたら、早いタイミングで上司と30分ほどブレストします。そこで考えていることを一気に出し、全体を整理する。論点や作業設計を文章化してクライアントとすり合わせ、そこから改めて、資料の作成に取りかかります。

平谷悠美の名言|資料作成前にすること


本題の前にまずは雑談から、というのはたしかにセオリーではありますが、なかには雑談が好きでない人もいるでしょう。そういう場合は当然、単刀直入に要件を切り出したほうがいい。雑談をしてから本題に入るべきだというマニュアル思考は捨てて、相手とその場の雰囲気に合わせて対応を変えていくことが重要です。

村上太一の名言|マニュアル思考は捨てて対応することが重要


一見関係のないジャンルでも、思考の抽象度を上げて考えてみると、意外なところで結びついていることがわかります。こうして、関係のないもの同士を結びつけ、そこから教えを導き出したり、新たな原理・原則を発見する能力を得ることこそ、教養を身につける最大の意味だと私は考えています。

守屋淳の名言|教養を身につける最大の意味


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ