本田宗一郎の名言|ユーザーの命を第一に

このエントリーをはてなブックマークに追加

これ(クルマ)は、箪笥だの呉服を売るのとは違って、人間の生命に関することなんだから、その点に一番気をつけなければならない。


本田宗一郎 の経歴

本田宗一郎、ほんだ・そういちろう。日本の経営者。自動車メーカーホンダの創業者。高等小学校卒業後、自動車修理工場のアート商会に丁稚奉公として入り、6年の勤務ののちのれん分けを受け、故郷の浜松で独立。その後、本田技研工業株式会社を設立し二輪車の研究をスタートさせる。ホンダを世界的企業へと育て上げた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

どんな仕事でも新しいアイデアや工夫が求められている以上、「いかに新しいことを、いかに早く、自分らしく発想するか」は、あらゆる人にとって大事なことだと思います。

チャートをつくる際には、「プレグナンツの法則」を知っておくといいでしょう。プレグナンツの法則には、「近接の要因」というものがあります。これは、近くにあるものは同じグループとして認識してしまう、というものです。スライドも、同じグループのものを近くに配置し、違うグループのものとのあいだに距離を開けることで、わかりやすくなります。

「ぐるなび」はまったく新しい事業なので、顧客を獲得するのは大変ですが、滝(久雄)は、プロパーの人間だけで営業をすることにこだわりました。なぜかというと、代理店を挟むと、メディア側である「ぐるなび」の考え方が飲食店になかなか伝わらないからです。

ブランドという資産は、認知度やロイヤルティなどの複数の要素で構成されている。

日本人が変にアメリカナイズされちゃいけない。組織のリーダーは特に、スマートさの一方で、人を熱くさせる心意気を大切にすべきです。

規制改革の基本は、みんなが公平に競い合える市場を整え、切磋琢磨しながらより良いものをつくっていくこと。

企業の歴史や本質を踏まえた差別化戦略でないと意味がない。

ページの先頭へ