小路明善の名言|能力の差は努力の量によって埋められる

このエントリーをはてなブックマークに追加

私の考え方の基本には、「成果=能力×努力+外的要因」という式があります。持って生まれた能力の高さは人によって違いますが、努力の量によってその差は埋められるし、越えられると思うのです。だから、多くの努力ができる人ほど、評価をします。


小路明善 の経歴

小路明善、こうじ・あきよし。日本の経営者。アサヒビール社長。長野県出身。青山学院大学卒業後、アサヒビールに入社。東京支社中央第一支店課長、東京支社特約店営業部副部長・部長、人事部人事課長、人事部次長、人材高度化推進部人事課長、人事戦略部長、執行役員経営戦略・人事戦略・事業計画推進担当、事業計画推進部長、執行役員飲料事業担当、アサヒ飲料常務取締役企画本部長、アサヒビバレッジサービス社長、アサヒ飲料専務、アサヒビール本社常務執行役員、アサヒグループホールディングス取締役などを経て、アサヒビール社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人生は血と汗と涙でつづるもの。血はファイト、汗は努力、涙はこころ。この三つがバランスよく発揮できる人生は幸せだし、それは仕事も同じである。

同じようなミスを何度も繰り返したら、財産になってないじゃないかと思われちゃいます。

何も目標がなかったり、普段から真剣に考えずに適当な目標を掲げたりするだけでは、努力も続かないのではないでしょうか。

困難は大抵の場合、怠惰の娘である。

運命とはチャンスの問題ではない。それは選択の問題である。運命とは待つものではなく、獲得するものなのだ。

なぜ成功しない人がいるかと言うと、それは考える努力をしないからだ。ほとんどすべての人間は『もうこれ以上アイデアを 考えるのは不可能だ』という所までいきつき、そこでやる気をなくしてしまう。いよいよこれからだというのに。不満は進歩するために一番初めに必要なもの。

甘えが大敵。ここまでよくやってきたなんて少しでも自分に妥協したらだめなんだ。現実に体力強化はもう無理。いかに衰える速度をトレーニングで遅くさせるかだよ。

ページの先頭へ