谷所健一郎の名言|人で会社がつぶれることもあるという危機意識が必要

「人は会社の財産」と口では言っても、本当に理解する人は少ないものです。人で会社がつぶれることもある、という危機意識が必要です。そうでなければ、なまじ応募者が集まってしまうと、かえって危険な方向へ作用してしまいます。

谷所健一郎 の経歴

谷所健一郎、やどころ・けんいちろう。日本の人事コンサルタント。武蔵大学卒業後、ヤナセ、ソシエワールドなどで採用・人事の仕事を担当し、人材開発プログラムや業績評価制度の構築に携わる。その後、綱八の人事部長を経て独立。20年以上人事の仕事に携わってきた経験を活かし、転職就職支援活動や、企業向け人事コンサルティングなどを行っている。著書に『できる人できない人を見抜く面接術』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人間、体が勝手にガッと動いてしまう瞬間というのがある。そのタイミングが訪れたときにしっかりチャンスをつかむには、仕事で自分なりに達成感を得ていなければならない。重要なのは「目の前の仕事にいかに全力で取り組んできたか」ということなんです。

金子英樹の名言|目の前の仕事に全力に取り組む


年賀状について、送る時期をあえてずらすという方法もあります。とくに企業宛の場合、年明けにはたくさんの葉書が一斉に届くので、その中に埋もれてしまって存在感が薄くなりがちです。そこで、年賀状の代わりにクリスマスカードや御用納めのご挨拶ハガキを送ると相手の印象に残ります。

むらかみかずこの名言|年賀状は送る時期を前倒しすると印象に残る


自分の周囲からの見え方を意識しているかどうかは、言い換えれば、自分のブランディングを考えているかどうかなのです。それを持っている人は強いですね。

藤本やすしの名言|自分のブランディングを考えることの大切さ


M&A先企業の有力人材の活用、あるいは育成では、海外事業を拡大させていくなかではどうしても現地の人間を幹部に登用していく必要があります。日本に外資系企業が参入した場合も、営業などのお客様に接する基本的な部分は国の文化、習慣をよくわかっている日本人を起用すると思います。我々が海外に行った場合も同じように、現地幹部の登用が不可避です。

松枝寛祐の名言|外資系企業と同じように現地の人材を活用することの重要性


「成果と給与の不釣り合い」が主要な退職理由になっていることにもっと目を向けるべき。適正な評価制度により、優秀な社員が会社に残ってくれれば、採用コストも削減できる。

高橋恭介の名言|適正な評価制度により、優秀な社員が会社に残ってくれれば、採用コストも削減できる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ