谷所健一郎の名言|採用面接では経営者が熱く語れ

応募者の心を動かすのに最も効果があるのは、会社のことを最も熱く語れる経営者の言葉です。中小企業では、経営者が直接面接するからいい人材がとれるといわれています。経営者が直接関わるだけで、採用に対する社内の意識は変わります。

谷所健一郎 の経歴

谷所健一郎、やどころ・けんいちろう。日本の人事コンサルタント。武蔵大学卒業後、ヤナセ、ソシエワールドなどで採用・人事の仕事を担当し、人材開発プログラムや業績評価制度の構築に携わる。その後、綱八の人事部長を経て独立。20年以上人事の仕事に携わってきた経験を活かし、転職就職支援活動や、企業向け人事コンサルティングなどを行っている。著書に『できる人できない人を見抜く面接術』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

当社の本来の強みは特定の分野にあるのではなく、様々な業種、業界で「こういうものを待っていた」という製品を開発し続けるところにある。

西岡務の名言|「こういうものを待っていた」という製品を開発し続ける


眼鏡には700年以上の歴史があるのに、ずっと役割が変わらなかった。そこを「眼鏡って、ただ視力が矯正できればいいの?」と視点を切り替えることで新しい市場が生まれた。

田中仁の名言|視点を切り替えることで新しい市場が生まれた


私が今まで見てきた尊敬すべき経営者はみな自社の経営理念について明確に理解しています。その会社の社員も同じように理解し、その理由や背景についても知っています。

ジェイ・エイブラハムの名言|尊敬すべき経営者の特徴


私は明治大学で山岳部に所属しており、同級生には冒険家の植村直己がいました。苦しい山行も数多くありましたが、諦めなければ道は開ける、絶対に逃げてはいけないと、あの時にたたき込まれました。

廣江研の名言|山岳部で学んだこと


仕事で消耗しているときこそ、休日を何もせずに過ごすのではなく、自分の気持ちが高まることをするべき。私は「自分を満たすもの・鼓舞するものリスト」を作って、手帳と一緒に持ち歩いています。落語を聞いて笑ったり、音楽を聴いたり、読書をしたり、あるいは入浴や映画鑑賞をしたりすることで、元気を得られます。自分が何から元気を得られるかを普段からメモしておくことも大切。

吉田穂波の名言|自分を満たすもの・鼓舞するものリストをつくる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ