谷所健一郎の名言|人が会社を辞める理由

やる気もなく入ってくる人などほとんどいません。しかし、新しい環境で最初から実力を発揮できる人は、まずいません。「お手並み拝見」「できて当然」という周囲の視線や、見えない嫌がらせをされる可能性もあります。転職者はそういうことはすぐ肌で感じます。人が会社を辞めるのは、仕事が厳しいときではなく、自分の存在価値がなくなったと感じたときです。

谷所健一郎 の経歴

谷所健一郎、やどころ・けんいちろう。日本の人事コンサルタント。武蔵大学卒業後、ヤナセ、ソシエワールドなどで採用・人事の仕事を担当し、人材開発プログラムや業績評価制度の構築に携わる。その後、綱八の人事部長を経て独立。20年以上人事の仕事に携わってきた経験を活かし、転職就職支援活動や、企業向け人事コンサルティングなどを行っている。著書に『できる人できない人を見抜く面接術』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

週末に大量の情報をチェックしたら、欠かさず行なうことがあります。気になったトレンドに関して、社員とディスカッションするのです。「なぜこれが人気を集めたのか?」「なぜ他の会社はこのサービスを真似できないのか?」といったことですね。一人で考えるだけでは思考が深まらないので、壁打ちをさせてもらうわけです。

村上太一の名言|情報収集の後はディスカッションを


人脈を広げるパーティーや懇親を深めるゴルフに行く時間があったら、自ら現場に足を運び、目を凝らし、耳を傾け、現場の空気を直に感じるべきです。

宗次徳二の名言|パーティーやゴルフに行く時間があったら、自ら現場に足を運べ


発表するだけの会議や、会議のための資料作りはやめて、時間は30分以内にしました。社員には、起業家精神を持ってもらいたいのです。「議論をするんだったら、まず実験をしてみよう」と、口を酸っぱくして言っています。

瀬戸欣哉の名言|議論をするんだったら、まず実験をしてみよう


確かな成長には、市場の動きに合致した事業が欠かせない。

石黒成直の名言|確かな成長には、市場の動きに合致した事業が欠かせない


帰宅後のスキマ時間を「考える時間」として使っています。その時、ノートは必須。帰宅後、仕事に関することで気になったり思いついたりしたことがあると、さっとノートを開いて書き出す。それだけで頭の中をすっきり整理できます。

栗原博の名言|ノートに書き出し頭の中をスッキリ整理する


きっかけは何でもいい。自分の強みを持ち、それを生かすことが大切。

加地倫三の名言|自分の強みを持ち、それを生かすことが大切


当社はまず企業のニーズを徹底的に深掘りします。同時に転職希望者にも、これまでの経験やそこで得てきたスキルだけではなく、これからどうなりたいのか、5年後、年後の将来像を一緒に考えます。この将来像がズレると、一見好条件の転職先でも離職率が高くなるのです。

中西浩太の名言|将来像がズレると、一見好条件の転職先でも離職率が高くなる


データは「勝利に結びつくもの」と「そうでないもの」を峻別した。それまで球界で重視されてきたのは打率と打点だった。しかし、このふたつは偶発性に左右される要素が強い。当たりが悪くてもたまたま野手がいないところにボールが飛べばシングルヒット程度にはなる。多くの打点をあげられたとしても、それは自分の打席の前にランナーが溜まっていたからだ。そこで我々が注目したのは、こうした偶発性に左右されにくい出塁率と長打率だ。

ビリー・ビーンの名言|勝利に結びつくものとそうでないことを峻別することの大切さ


シェアは買っていただいた結果、支持された結果ですから、我々にとっての通信簿です。だからものすごく意識はします。でも気にはしますが、シェアのためになんでもやるということではありません。利益の度外視など論外です。

尾賀真城の名言|シェアは通信簿


偉大なことを欲する者は、心を集中しなければならない。制限の中に初めて名人が現れる。

ゲーテの名言|心を集中することの重要性


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ