谷所健一郎の名言|採用担当者は自社への思いを熱く語れ

採用担当者は経営者と一心同体、自社への思いを熱く語れなければ務まりません。仕事で「やらされている」感を漂わせていたら、それが応募者に伝わってしまいます。少なくとも、自社の魅力や入社後の将来像をきちっと捉えていないと、応募者は集まっても内定が出ないか、採用段階で辞退されてしまいます。

谷所健一郎 の経歴

谷所健一郎、やどころ・けんいちろう。日本の人事コンサルタント。武蔵大学卒業後、ヤナセ、ソシエワールドなどで採用・人事の仕事を担当し、人材開発プログラムや業績評価制度の構築に携わる。その後、綱八の人事部長を経て独立。20年以上人事の仕事に携わってきた経験を活かし、転職就職支援活動や、企業向け人事コンサルティングなどを行っている。著書に『できる人できない人を見抜く面接術』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

コンサルティングでも、複数のコンサルタントを雇っている会社の仕事はしないことにしている。それから、「ウチの会社はこういうことがやりたいので、A社さん、B社さん、C社さん、提案書と見積書を出してください」という入札仕事も絶対にやらない。「大前さんしかいない」と言ってくれなければ、考え始めない。自分の人生の大切な時間を割いて、相手のために命がけで考える神聖な仕事である。量販店の売り物ではない。

大前研一の名言|「大前さんしかいない」と言ってくれなければやらない


どこを探しても小倉昌男(創業者)のような人材はいない。自分もなれないが、みんなで考えればできるし、なれる。

山内雅喜の名言|みんなで考えればできる


まずはやってみることが大事。なぜ失敗したかを考えることによって新しい真実が見えてくる。

小郷三朗の名言|まずはやってみることが大事


根源的欲求を満たしたいという思いがあるから、少々のことではへこたれなくなるのです。逆に、そのような欲求がなく、たんに人からいわれたことをやらされていると、「こんなことやりたくない」となってしまう。だから、すぐにへこたれてしまうのでしょう。

中山讓治の名言|すぐにへこたれる人、へこたれない人の違い


現場にきちんと動いてもらうのがトップの仕事なのに、トップが浮き足立ってしまうと組織が動かなくなります。迷うことはあるけれども、それを外に出してはいけない。

赤塚保正の名言|トップが浮き足立ってしまうと組織が動かなくなる


多くの成功者は自分を客観視するスキルに長けていて、何が自身のスペシャリティで、いま自分はどのレベルにあるか、理路整然と言うことができました。そして人の何倍もの努力をし、努力する方向を間違えていない。

森本貴義の名言|成功者の特徴


部下が意見を言わなくなると、行きつく先は「受け身の人間が増える」だけ。

桐山一憲の名言|部下が意見を言わなくなると、行きつく先は「受け身の人間が増える」だけ


勧めたいのは、自分の悩みや不安をすべて箇条書きで書き出すことです。そして、翌日それを見直してみましょう。そのとき、事実ではないもの、思い込みや感情でしかないものは横線を引いて消していきます。そうすると、たいていの場合、事実はひとつかふたつしか残りません。あとはすべて余計なことばかりなのです。課題がひとつやふたつなら、自分がやらなければならないことがはっきりします。余計なことは考えず、まずはその問題に取り組みましょう。

白取春彦の名言|悩みや不安を解消する方法


本当の人生の幸福とはどういう幸福だというと、簡単なんですよ。人生に何の悶えもないときが一番幸福なんだ。ああ、あれが欲しい、これがこうなりたいというときは、もう幸福じゃないんだよ。ひとつの要求が出てくると、それが満たされるまでは少しも幸福を感じやしない。

中村天風の名言|ひとつの要求が出てくると、それが満たされるまでは少しも幸福を感じやしない


成長期という慢心しやすいときに、もう一度原点を見つめ直して創業以来のスピリッツを取り戻すことが大切。

永守重信の名言|企業の成長期に必要なこと


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ