谷所健一郎の名言|求人文を効果的なものにするには

私が実際にお手伝いしている会社では、ネット上に社長の言葉を掲載し、求人を行いました。自分の業界はこうで、今後我が社はこうなっていく。賛同するものよ集まれと、徹底して社長に語らせたのです。それだけでも、集まりは随分とよくなりました。

谷所健一郎 の経歴

谷所健一郎、やどころ・けんいちろう。日本の人事コンサルタント。武蔵大学卒業後、ヤナセ、ソシエワールドなどで採用・人事の仕事を担当し、人材開発プログラムや業績評価制度の構築に携わる。その後、綱八の人事部長を経て独立。20年以上人事の仕事に携わってきた経験を活かし、転職就職支援活動や、企業向け人事コンサルティングなどを行っている。著書に『できる人できない人を見抜く面接術』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

事業そのものの原点は、人と違うものを出して人より効率のいい経営をするということです。強さだけでなく社会から信頼されるやり方でです。その手段としてはM&Aは大いに、積極的に活用すべきだと思います。

桜井正光の名言・格言|社会から信頼されるやり方ならM&Aは積極的に活用すべき


私が社長に就任したころの花王は、本音の議論をどんどん戦わせるような雰囲気ではありませんでした。その改善にずいぶん努力しました。前の席が空いているので前に座れとか、そうした細かいことも含めてです。

後藤卓也の名言|本音の議論を戦わせるような雰囲気をつくる


肩書きが上がったから偉くなったというのは錯覚。会社の組織を統制するときに必要であるから役職が付いているだけであって、偉くなったということとは違うんです。ですから、立派な人かどうかという視点で見る必要があるということです。

樋口武男の名言|肩書きが上がったから偉くなったというのは錯覚


本当におしゃれな人ほど「王道」を極めているものです。基本をとことん試し尽くして、自分のものにすることこそが、王道を極めるということです。そして王道を極めてから、改めて自分の好みを少しずつ加えて、センスを磨き、個性を表現すべきです。

唐澤理恵の名言|本当におしゃれな人ほど「王道」を極めているもの


会社に良い会社、悪い会社はない。良い社長、悪い社長しかない。

一倉定の名言|会社に良い会社、悪い会社はない


相手が自分より格下と油断すると心に隙が生まれ、良い石は打てない。碁は相手と交互に石を打つ、真剣勝負。だからこそ相手に尊敬の念を持ち、謙虚さが必要だ。

武宮正樹の名言|相手に尊敬の念を持ち、謙虚さが必要


長所は意識しなくていいが、短所は意識しなくては修復できない。そして短所を補うことができれば長所も伸びる。個人もチームづくりも同じです。

野村克也の名言|短所を補うことができれば長所も伸びる


シベールに事業拡大をもたらしたラスクの通販も、目の前の困難な状況を打破しようと考え抜いた末に行き着いたものです。当時、シベールは洋菓子店として山形県でトップクラスになっていました。そうなると、お客様から「そろそろ手仕舞いにしたらどうか」という声が聞かれるようになりました。これ以上店舗を増やしたら、味が落ちるというのです。私は企業家として行けるところまで行きたいという野心が募っていました。事業は拡大したいが、山形県では店舗を増やせない。ジレンマを克服するために思いついたのが通販でした。

熊谷眞一の名言|問題が成功を生む


自分の思いに忠実なピカソに触れた僕は、美術館を出るときには画家になる決意を固めていました。ところが実際に絵を描き始めてからの僕は、その気持ちとはまったく逆のことをやっちゃった。テーマは何がいいか、展覧会はどうなるか、どう批評されるか、そんなことばかり気になる。周囲は横尾流を期待し、要求してくる。だから僕も、これは横尾の絵だと一目でわかるようなイメージを持ち込んだ。

横尾忠則の名言・格言|初めの志が、間違った方向性を気付かせてくれる


何かしらの事態にぶつかったときの対応力を養うには、やはり現場で場数を踏むしかないでしょう。もっといえば、修羅場に何回出合うか。その際には、とにかく逃げずに向き合うことです。

小寺圭の名言|修羅場を経験することの効用


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ