谷所健一郎の名言|求人文を効果的なものにするには

私が実際にお手伝いしている会社では、ネット上に社長の言葉を掲載し、求人を行いました。自分の業界はこうで、今後我が社はこうなっていく。賛同するものよ集まれと、徹底して社長に語らせたのです。それだけでも、集まりは随分とよくなりました。

谷所健一郎 の経歴

谷所健一郎、やどころ・けんいちろう。日本の人事コンサルタント。武蔵大学卒業後、ヤナセ、ソシエワールドなどで採用・人事の仕事を担当し、人材開発プログラムや業績評価制度の構築に携わる。その後、綱八の人事部長を経て独立。20年以上人事の仕事に携わってきた経験を活かし、転職就職支援活動や、企業向け人事コンサルティングなどを行っている。著書に『できる人できない人を見抜く面接術』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

能力か権力か自問自答しているからといって、常に正しい判断を下せるわけではありません。しかし、率いられる部下の立場からすると、自問自答ができる上司の方が望ましいでしょう。自問自答どころか、もともと能力がない人が権力を持ってしまったら、これは祭り上げてしまうしかないですね。

中溪正樹の名言・格言|上司は能力と権力について自問自答をせよ


高価なシステムを導入すれば経費は上がってしまう。開発会社であればシステムそのものを売り込まなければならない。しかし当社の場合、ASPを無料で提供したとしても、物流で利益を上げる事ができる。

中村真一郎の名言|別の部分で利益を出す


私と櫻田(謙悟)さんは、議論を尽くした上で合併をスタートしました。「3つのビジョン」、「5つの挑戦」は、印刷したものを全社員が常に携帯していますが、これも我々2人で作り上げたものです。

二宮雅也の名言|議論を尽くした上で合併をスタートさせる


やりたいことがあれば、まず周りに発表するようにしています。たとえば、「会社の給料を倍にする」という目標ができたら、まず社員にそれを約束してしまうのです。嫌いな人との約束はストレスになるかもしれませんが、好きな人との約束は、むしろ自分を動かすエネルギーになります。好きな人から期待されると、誰だって張り切るでしょう。仕事でもそれは同じです。

安田佳生の名言|約束はエネルギーになる


リーマンショック以降、工事量が急激に落ち込み、過当競争に陥った。コストぎりぎりで受注した工事が、資材価格の上昇に対応できないで欠損になることも少なくなかった。この状況は12~13年まで続いたが、そうした物件が一巡し、採算性の高い仕事が取れるようになった。その意味では、ようやく本来の姿に戻ってきたのではないかと思う。こうしたときだからこそ、次の時代を見据えた投資が不可欠になってくる。

井上和幸の名言|良くなってきたときだからこそ、次の時代を見据えた投資が不可欠


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ