谷所健一郎の名言|いい人が来ないと嘆く人は、往々にして応募者側の心理を理解していない

面接でいくらお客様扱いしても、内定後に釣った魚に餌をやらないような態度では、騙されたと感じてしまいます。新しい環境では、誰でもストレスを感じやすいものです。すぐに言い訳をつくって「ここは思っていたような会社じゃない」と結論付け、早々に辞めてしまいます。採用担当者はそんな応募者のハートを動かすことに専念し続けなければいけません。いい人が来ないと嘆く人は、往々にして応募者側の心理を理解していないのです。

谷所健一郎 の経歴

谷所健一郎、やどころ・けんいちろう。日本の人事コンサルタント。武蔵大学卒業後、ヤナセ、ソシエワールドなどで採用・人事の仕事を担当し、人材開発プログラムや業績評価制度の構築に携わる。その後、綱八の人事部長を経て独立。20年以上人事の仕事に携わってきた経験を活かし、転職就職支援活動や、企業向け人事コンサルティングなどを行っている。著書に『できる人できない人を見抜く面接術』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

逆境はあなたにとっての最も偉大な教師でもある。勝利から学べるものは少ないが、追い詰められ、苦しめられ、打ち負かされている時、あなたは大いなる知恵を得る。なぜなら、その時あなたにへつらう者は去り、それによってついに真の自分自身を知るからである。

オグ・マンディーノの名言|逆境は最も偉大な教師


世の中の役に立つ企業でなければ発展はない。

大塚正士の名言|世の中の役に立つ企業でなければ発展はない。


自分自身の言葉で誠実に語る。引退まで50年に及ぶ政治家生活の中で、私が大切にしてきたことです。

海部俊樹の名言|自分自身の言葉で誠実に語る


直属の上司から、少しばかりよく見られようとすることだけに汲々としていたら、使われるだけの人生になりかねません。それを打破するには、自分の目の前の仕事がどのような流れで行われているかなど、好奇心を持ってみるといいと思います。

石田衣良の名言|使われるだけの人生にならないためには


マスコミには「大手4社」といっていただけるが、私は「3+1」でいいと考えている。上位3社にボリュームで肩を並べることも大切だが、それを追求するあまり大手意識になって発想が画一化されていくのは困る。もともと個性的な社員が多い会社なので、さらにそれを伸ばしていくことが大事だ。

金杉恭三の名言|大手意識になって発想が画一化されていくのは困る


交渉の場では、空気を読みすぎて相手に遠慮する人は、不利な立場に持っていかれやすい。主導権を握るためにも、場の空気を読んで相手との距離感を測りつつ、譲れない点は断固として受け入れない姿勢が大切。

藤田晋の名言|譲れない点は断固として受け入れない姿勢が大切


ショートスリーパー(短眠者)は極めて稀な存在。ショートスリーパーを自称する人の多くは、実際には慢性的な睡眠不足の可能性が高い。

柳沢正史の名言|ショートスリーパーは極めて稀な存在


上司が帰らないから、用もないのに、残業したりするのは無用の気配りですね。礼は大事だが「私の仕事は終わりましたけどお手伝いすることありますか」とかひと言かけるといい。上司に帰る時間を合わせるのは、なんの意味もない。会社にもメリットがない。

上田比呂志の名言|上司が帰らないときの対処法


手帳に書いたものの中で特に重要だと思ったものは、翌年の手帳に転記します。何度も転記するものもあります。一見、面倒ですが、何度も転記すると内容がより確実に、自分の脳に刷り込まれます。

泉谷直木の名言|何度も転記すると内容がより確実に、自分の脳に刷り込まれる


いきなり大きな夢を叶えようとしても不可能なので、まずは夢に近づくための身近な目標を設定し、その目標を達成するための具体的な方法を考えていきましょう。

松岡修造の名言|まず身近な目標の設定から


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ