谷所健一郎の名言|いい人が来ないと嘆く人は、往々にして応募者側の心理を理解していない

面接でいくらお客様扱いしても、内定後に釣った魚に餌をやらないような態度では、騙されたと感じてしまいます。新しい環境では、誰でもストレスを感じやすいものです。すぐに言い訳をつくって「ここは思っていたような会社じゃない」と結論付け、早々に辞めてしまいます。採用担当者はそんな応募者のハートを動かすことに専念し続けなければいけません。いい人が来ないと嘆く人は、往々にして応募者側の心理を理解していないのです。

谷所健一郎 の経歴

谷所健一郎、やどころ・けんいちろう。日本の人事コンサルタント。武蔵大学卒業後、ヤナセ、ソシエワールドなどで採用・人事の仕事を担当し、人材開発プログラムや業績評価制度の構築に携わる。その後、綱八の人事部長を経て独立。20年以上人事の仕事に携わってきた経験を活かし、転職就職支援活動や、企業向け人事コンサルティングなどを行っている。著書に『できる人できない人を見抜く面接術』ほか。

こんな名言はいかがですか?新着 名言

全記事から名言をランダム表示します。人生を変える言葉との偶然の出会いがあるかも?
» 名言レコメンドのページへ

ページの先頭へ