谷所健一郎の名言|求職者の心が動く文章を

応募者は非常に繊細です。新卒向けの会社説明会の案内を定型のフォーマットで行っても、学生はなかなか集まりません。彼らは自分に合う仕事というものを非常に良く考えています。文面ひとつでも舐めまわすように読んで、心が動くかどうか、説明会に参加するかしないかをじっくり見極めています。

谷所健一郎 の経歴

谷所健一郎、やどころ・けんいちろう。日本の人事コンサルタント。武蔵大学卒業後、ヤナセ、ソシエワールドなどで採用・人事の仕事を担当し、人材開発プログラムや業績評価制度の構築に携わる。その後、綱八の人事部長を経て独立。20年以上人事の仕事に携わってきた経験を活かし、転職就職支援活動や、企業向け人事コンサルティングなどを行っている。著書に『できる人できない人を見抜く面接術』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

一見ムダなことの中にも大切なものはあるし、その逆もあります。見極めるには、PDCAを回し続けるしかありません。明確な目標を立て、優先順位をつけ、やることを絞り込み、結果が出れば「ムダではなかった」とわかる。この積み重ねが実力と自信を育てます。

冨田和成の名言|一見ムダなことの中にも大切なものはあるし、その逆もある


「戦略×実現力」が成果を生む。いくら正しい戦略を立てても、それを実現する組織の力がないと大きな成果は出ない。

堀口英樹の名言|「戦略×実現力」が成果を生む


システム化が一見合理的なようで怖いのは、システム化が計画に基づいてなされるためである。計画は想定外の事が起こると機能不全に陥る為、システムも想定外の事態では対応不全に陥る。事態が急を告げた時に慌てないため、変化に柔軟に対応できるシステムを常々意識した組織構築をしておかねばならない。

村口和孝の名言|システムの弱点


私が入社した際、先輩から「10年は頑張りなさい。それでスタートラインに立てるから」と言われたのをいまでもよく覚えています。アナウンスの技術を磨くには、それくらい長い時間がかかるものなんです。ですから毎日の仕事の中で、自分が何を求められているのか、どう発声すれば伝わりやすいのかをとにかく考えてアナウンスをするしかないのだと思います。

秋沢淳子の名言|日々考え訓練することの重要性


成功した人々が持っている最高の資産の一つは、「他人と違った考え方ができること」だと私は思う。他人と同じように考えていたのでは、他人が得ているものと同じものしか得られない。

ロバート・キヨサキの名言|他人と同じように考えていたのでは、他人が得ているものと同じものしか得られない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ