谷所健一郎の名言|求職者の心が動く文章を

応募者は非常に繊細です。新卒向けの会社説明会の案内を定型のフォーマットで行っても、学生はなかなか集まりません。彼らは自分に合う仕事というものを非常に良く考えています。文面ひとつでも舐めまわすように読んで、心が動くかどうか、説明会に参加するかしないかをじっくり見極めています。

谷所健一郎 の経歴

谷所健一郎、やどころ・けんいちろう。日本の人事コンサルタント。武蔵大学卒業後、ヤナセ、ソシエワールドなどで採用・人事の仕事を担当し、人材開発プログラムや業績評価制度の構築に携わる。その後、綱八の人事部長を経て独立。20年以上人事の仕事に携わってきた経験を活かし、転職就職支援活動や、企業向け人事コンサルティングなどを行っている。著書に『できる人できない人を見抜く面接術』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

欧米のマネー主義に対して、日本は儒教に基づく道徳心があり、日本流の企業統治があるはずだ、という考え方もあります。しかし、全ての投資家が日本人ではないのです。資本市場がグローバル化してくると、経営者が「Trust Me(俺を信用してくれ)」と言っても、絶対に通用しません。エビデンス(証拠)が必要なのです。

磯崎功典の名言|トラスト・ミーでは通用しない


ある時期、いわゆる「落ちこぼれ」の人たちを採用していました。好き好んで採ったのではなく、実を言うと選り好みできなかったからです。しかし、面接して話を聞くうちに、家庭環境に恵まれなかったから校内暴力やシンナー遊びに走ってしまったという、やむにやまれぬ彼らなりの事情が分かってきました。そうなると、不採用にして追い返すことの方がむしろ勇気を要します。情が移るのです。「よう頑張ったな。ようここまでで止まったな。よっしゃ、うちにおいで。採用や」こういって、何人かの元不良少年を受け入れてきました。

中井政嗣の名言・格言|元不良少年を採用する


僕たちは、「諦めないこと」と「諦めるべきこと」を上手にマネジメントして生きていかないといけない。でないと報われないものにハマって自分自身をダメにしてしまう可能性がある。

佐藤優の名言|「諦めないこと」と「諦めるべきこと」をマネジメントする


仕事のスピードを確保するため、事前に資料を読み、面談なり会議の目的や経緯、判断材料を頭に入れておくようにしています。そうしておけば、1コマ30分のうち冒頭の10分に来るはずの説明部分を省くことができ、全体に中身の濃い仕事ができるのです。

泉谷直木の名言|資料を先にもらうことで面談や会議のスピードをアップさせる


魚屋も八百屋も、その日のお店のお勧めがありますよね。本屋もその店独自のお勧めがあっていい。

清水克衛の名言|本屋もその店独自のお勧めがあっていい


竹下登先生は「汗は自分でかきましょう。手柄は人に渡しましょう」とよく話し、それを実践した政治家でした。しかし、そこには政治家としての計算があり、「俺は将来、内閣総理大臣になる」という先を見据えた戦略によるもので、ある意味では竹下流の男の美学でもあったのでしょう。

鈴木宗男の名言|竹下総理から学んだこと


僕らの映画の世界にも興行成績という数値目標があるけれど、それは通過点のひとつであってすべてじゃない。それよりも自分の中で何かを伝えたいという強い思いがあって、それがきちんと伝わったかどうかの方が重要だし、その思いが強ければ強いほど、相手に伝えるためにどう工夫すればいいかという悩みも湧いてきます。

渡辺謙の名言|仕事に対する自分の中の強い思いを大切にすることの重要性


「健康で強い組織」を創るには従業員だけでなく、リーダー自身の変革が必要です。そこで、従来の君臨するリーダーではなく、従業員が活躍できるように支援する、新しいリーダー像「サーバントリーダー」を発信していきます。

真田茂人の名言|リーダー自身の変革が必要


初めて制作したオリジナルデザインのベルは高い評価を受けたのですが売れませんでした。そこで店頭の販売員の方に意見を聞きました。「格好が良くて音も綺麗ですから、風鈴にしたらどうでしょうか」とおっしゃった。その意見を元に、ベルを風鈴にリメイクして販売したところ、大ヒット商品になりました。

能作克治の名言|お客様と接している人に意見を聞く


専門性の高いスキルではなくても、人より早く知識を身につけているだけで職場で重宝される資格が狙い目。たとえばビジネスでホットな話題をテーマとした資格ですね。早めに勉強して知識を身につけておくと、事業の新展開を考えるための材料やきっかけになります。

鈴木秀明の名言|ビジネスでホットな話題をテーマとした資格が狙い目


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ