谷所健一郎の名言|採用担当者は高い意識を

昨今は、採用担当者が採用に仕事に専念しづらくなっています。多くの場合、現場の管理や総務の仕事も兼ねています。そのせいか、求人サイトの定型文を丸々引用するような意識の低さが目立ちます。それでも、募集さえかければすぐに50人、100人集まるから、つい安心して上から目線の採用を展開してしまうのです。

谷所健一郎 の経歴

谷所健一郎、やどころ・けんいちろう。日本の人事コンサルタント。武蔵大学卒業後、ヤナセ、ソシエワールドなどで採用・人事の仕事を担当し、人材開発プログラムや業績評価制度の構築に携わる。その後、綱八の人事部長を経て独立。20年以上人事の仕事に携わってきた経験を活かし、転職就職支援活動や、企業向け人事コンサルティングなどを行っている。著書に『できる人できない人を見抜く面接術』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人生で一番大事なことは、自分で自由に考えて、その思いを行動に移すことなんじゃないでしょうか。

蛭子能収の名言|人生で一番大事なことは、自分で自由に考えて、その思いを行動に移すこと


リアリストとロマンチストって、対立概念じゃありません。女性はあくまでリアリスト。白馬の王子様っていう憧れも、女性は必ずと言って良いほど、学校や職場の身近な男性や芸能人にそのイメージを投影します。これは年代に関わらず同じ。女性も男性も、ロマンチストな部分を持っていて。それは人それぞれレベルがあるけど。でも、その処理の仕方には性別の特徴がちゃんと現れる。男性は、ロマンはロマンのままで大事にする。女性は、ロマンをリアルに処理しようとする。

日野佳恵子の名言・格言|リアリストとロマンチストは対立概念じゃない


精神面のタフさは仕事の中で鍛えられる面が大きいです。レストランの仕事というのは、お客様と常に接していますし、日々いろいろなことが起きるわけです。まさに、心の揺さぶりだらけの毎日でしたよ。

住谷栄之資の名言|仕事で精神面のタフさを身につけるには


不向きな仕事にひたすら耐える働き方をしている人は、たとえ朝から晩まで仕事に打ち込める環境にあっても、集中し続けることが難しい。そうすると、仕事が好きでたまらなく、四六時中没頭している人には、絶対にかなわない。21世紀の仕事というのは、どれだけ没頭できるか、その度合いで勝負が決まるのではないでしょうか。

梅田望夫の名言|21世紀の仕事の勝負を決めるもの


権限を委譲され、任されると人は元気になり、責任感を持って事に当たろうと努力し、成長する。だから、分権化が必要。分権化を実現すれば、社員の成長が促され、会社のレベルもおのずと上がっていく。

松本晃の名言|分権化を実現すれば、社員の成長が促され、会社のレベルもおのずと上がっていく


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ