アインシュタインの名言|努力の重要性

このエントリーをはてなブックマークに追加

客観的に判断すれば、情熱的な努力によって人が真実からもぎとるものはとても小さい。しかし、この努力は自己という束縛から私たちを解放し、最も偉大な人々の一員にします。


アルバート・アインシュタイン の経歴

アルバート・アインシュタイン。アルベルト・アインシュタイン。ドイツ生まれのユダヤ人理論物理学者。相対性理論を確立。生前からメディアで大きく取り上げられた人物。世界で最も有名な科学者の一人。幼少期から幾何学などに興味を持ち、9歳でピタゴラスの定理を自力で証明した。スイスのチューリッヒ連邦工科大学を卒業。いくつかの職を経た後、スイス特許庁に就職。仕事の傍ら物理論文を書き大学に提出。論文が認められチューリッヒ大学助教授となる。プラハ大学、チューリッヒ連邦工科大学などで教授職を務めた。ノーベル物理学賞受賞者

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人間の最高の美徳は、忍耐である。

祈るだけでは勇気は得られない。努力を重ねつつ祈るのだ。

努力は人一倍する必要があるが、その努力も、可能性があってはじめて報われる。

目的と方向性がない場合、努力と勇気だけでは不十分である。

社会生活では習慣は格言に勝る。習慣は生きた格言が本能となり、肉となったものである。

自らが自らに求めるものが少なければ成長しない。だが多くを求めるならば、何も成長しない者と同じ程度の努力で、巨人にまで成長する。

天才は有限、努力は無限。

ページの先頭へ