水木しげるの名言|成功しなくてもいい。打込めることを探しなさい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

不幸な顔をした人たちは、「成功しなかったら、人生はおしまい」と決め込んでいるのかもしれないね。成功しなくてもいいんです。全身全霊で打込めることを探しなさい。


水木しげる の経歴

水木しげる、みずき・しげる。日本の漫画家。大正時代、大阪出身、鳥取育ち。幼少期から絵を描くことが好きで自作の童話をつくっていた。日本大学付属大阪夜間中学(のちの大阪学園大阪高等学校)在学中、太平洋戦争の召集令状が届く。ラバウルへ出征し、爆撃により片腕を失う。帰国し武蔵野美術学校に入学。神戸市兵庫区水木通りにあった安旅館を買い取りアパートとして経営。アパートの住人のつてで紙芝居画家となる。その後、漫画家となり数多くのヒット作を描いた。代表作に『墓場の鬼太郎(ゲゲゲの鬼太郎)』『河童の三平』『悪魔くん』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私が社長に就任して4年目の決算は悪夢でした。昭和電工の膿を出し切るため、342億円の純損失を計上し、1000人以上の希望退職にも踏み切ったからです。社内には反対の声もありましたが、腹を括って決断しました。

ホンダほどプロジェクトの多い会社はないんじゃないでしょうか。エキスパートがたくさんいるから、何かあるときは、サッと集めることができます。それぞれの知恵を効率よく生かす組織ができているからです。

新店舗ができたり、新工場ができると、どうしても気の緩みが出る。自分ばかりではない。従業員にもその危険は十分にある。「敵国外患なきは滅ぶ」という言葉もある。ここで過去の苦労を忘れてはそれこそあぶない。そこで私は、創業時代の強い勇気と創造の熱意を忘れないためには、どうしても第二の創業を体験するのが最有効と考えた。私は新しくビスコの発売を思いついた。

昨年、50歳になったのを機に、人生のハーフタイムと称して1ヶ月間世界を旅しました。

不安を覚えるたびにリスクを洗い出し、対策を考えることを繰り返し、不安を軽減し続けていけば、最後には必ずや実行したい気持ちが不安を上回ることになります。勇気とは、考え抜く力の別名なのです。

自分について陰口を聞いたことはありませんが、インターネットでネガティブな意見を目にしたことはあります。でも、全く気になりません。自分のことは自分自身が一番知っていると思っています。ですから、誰が何と言おうと、気にしていません。

私はずっと前に死を悲しむことをやめた。もちろん身近な人を亡くしたらショックを受ける。けれど立ち直るためにこう考える。死は救済であって、友人を家に招き入れるように受け入れるべきものだと。死は肉体からの解放であり、そこに宿っていた魂がなくなることはない。

ページの先頭へ