水木しげるの名言|人生で大事なもの

このエントリーをはてなブックマークに追加

熱中する能力、いわば「好き」の力ほど、人生を生きていくうえで大事なものはないような気がする。


水木しげる の経歴

水木しげる、みずき・しげる。日本の漫画家。大正時代、大阪出身、鳥取育ち。幼少期から絵を描くことが好きで自作の童話をつくっていた。日本大学付属大阪夜間中学(のちの大阪学園大阪高等学校)在学中、太平洋戦争の召集令状が届く。ラバウルへ出征し、爆撃により片腕を失う。帰国し武蔵野美術学校に入学。神戸市兵庫区水木通りにあった安旅館を買い取りアパートとして経営。アパートの住人のつてで紙芝居画家となる。その後、漫画家となり数多くのヒット作を描いた。代表作に『墓場の鬼太郎(ゲゲゲの鬼太郎)』『河童の三平』『悪魔くん』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

映画コメンテーターとしてイベントに出るときは、流行のネタを取り入れたり、雑誌やワイドショーで取り上げられやすい発言をするようにしています。だってイベントはメディアに取り上げてもらうためでしょ。取り上げられなかったら私が出て行く意味がないじゃない?

「継続」が大事。仕事がありますから毎日2時間、3時間と学ぶ時間をとれるものではありません。ですから、毎日15分であっても続け、積み重ねることが、やがて大きな差になっていくのです。

不動産を買うときは、誰もが物件にどれだけの資産価値があるのかを気にしますよね。でも投資として見た場合は、月々いくらが手元に残るのか。すなわちキャッシュフローが大事。

ゴルフは人脈作りに役立つ。人間関係をより良くするための最高の武器です。「プレー歴を遡ると、父の強い勧めに従って入った大学のゴルフサークルから20年以上ですね。社会人になってから現在に至るまで、東京証券取引所の上場企業も含め、500社の社長たちと即アポイントメントが取れる人間関係を築いてきました。ゴルフの貢献度は計り知れません。仕事が円滑に進みます。

本当の勇気は周到な用意の元に生まれる。用意の無い勇気を蛮勇という。

今日明日、今週来週のことでどん詰まっていたり落ち込んでいたりする時には、5年・10年単位で物事を考えます。5年・10年単位のビジョンや目標を見直し、自分の頭の中を長期時間軸に変えます。逆に先々のことを考えすぎてコンディションを崩している場合は、今日一日だけに時間軸を短くして乗り切ります。

成否はパートナーとの協業により、ウィン・ウィンの関係が築けているかどうかで測るべきだと考えています。当社はすでに富士通やシャープ、東芝、NECなど、数多くの日本企業とパートナーシップを結んでいます。当社が触媒になることで、日本企業の成長に貢献することを目指しています。

大切なのは「本心を言うこと」です。言いにくいことも言わないで、上っ面のきれいごとばかり言っていたら、いつまでたっても相手の本音はわかりませんし、関係も深まりません。

100%の力を発揮して勝つなどとは考えていません。何が起こるか分からない大舞台で、緊張せずに普段通りの実力を発揮するのは相当に難しい。80%の力で勝てる実力を、普段の練習で身につけさせる準備に注力しているからこそ、不測の事態が起こっても、手が打ちやすいのです。

具体的な数値の裏づけもないまま、漫然と問題点だけを報告する人って割と多いんです。時間節約のためにも、適切な数表を作成することは、資料作りの第一歩です。

ページの先頭へ