水木しげるの名言|驚く力の重要性

このエントリーをはてなブックマークに追加

私には驚く力が常人の十倍ぐらいありました。81歳を超えたいまでも、「フハッ!」と驚くことが1日に何度もあるのです。こうした能力は勉強しても伸びない。才能なんです。


水木しげる の経歴

水木しげる、みずき・しげる。日本の漫画家。大正時代、大阪出身、鳥取育ち。幼少期から絵を描くことが好きで自作の童話をつくっていた。日本大学付属大阪夜間中学(のちの大阪学園大阪高等学校)在学中、太平洋戦争の召集令状が届く。ラバウルへ出征し、爆撃により片腕を失う。帰国し武蔵野美術学校に入学。神戸市兵庫区水木通りにあった安旅館を買い取りアパートとして経営。アパートの住人のつてで紙芝居画家となる。その後、漫画家となり数多くのヒット作を描いた。代表作に『墓場の鬼太郎(ゲゲゲの鬼太郎)』『河童の三平』『悪魔くん』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

グループ会社間で管理職を含めて人事交流を積極的に展開してきました。違う社風や価値観、やり方の会社、部署に入っていくことで、両方の長所、短所に気づいてもらいたいのです。そのためには一人一人が意識してグループ内で積極的にコミュニケーションをとっていくことが重要です。

どのような行動が良かったのか、どのような行動が失敗だったのかを振り返ってみてください。振り返りと記録を続けていけば、次に同じような場面で失敗しそうになっても、必ず立ち止まって考えられるようになるでしょう。

リクルートには営業マンは「客先の担当者を偉くすることを目標にせよ」というのもありました。ある大手銀行の採用担当者のところへ営業に行った際、採用広告をいただく糸口がつかめず、結局、受注できたのは、資料請求ハガキの集計発送業務だけでした。しかし、小さな受注とはいえ、先方の担当者にしてみれば、繁雑な業務をアウトソーシングできたわけで、社内では鼻高々です。ひょっとすると、仕事の権限が増したり、昇進するかもしれません。そうした小さな積み重ねが、将来の受注拡大につながるのです。

不況期の場合、決断の中には同業他社との徹底した戦いも含まれます。景気の悪化とともに商品の相場が下がるのは供給が需要を上回るからで、同業他社の中にはなりふりかまわず、安売りを仕掛けてくるところもあります。アタックを仕掛けられた以上は受けて立ち、相手の顧客に対してより安い金額で売り、カウンターパンチを返します。体力勝負となり、経営力の弱い企業は市場から消えることになります。その後、市場は適正価格での取引に戻る。そこまで戦い抜かなければ、不況期には生き残れません。

危険だという道は必ず、自分の行きたい道なのだ。

様々な事業を手がける中で、「流行り物が得意ではない」ことに気付いたのです。それからは、改善を重ね、根気強く事業を続けています。

YKKの強みは継続的に持っている、蓄積している「技術」です。それと安くても品質が求められるところがあります。ですから、その信頼という点は非常に大きくて我々の強みだと思います。

仕事を細かく分解することで、1日の仕事を時間単位、分単位でとらえ、モニタリングすることが可能となる。

僕は平成建設は、自動車業界で言えばトヨタではなくポルシェにしたいと思っている。つまり、お客さんのターゲットを絞るということ。

日本人が頭を使わなくなった原因は、スマホも影響してると思う。四六時中、みんな同じ思考回路で同じ情報を入手してるでしょ。人と違う情報を入手して違う考え方をして、常に世間を反面教師にするぐらいでないと成熟市場では事業もスキルも伸びないのにね。

ページの先頭へ