水木しげるの名言|成功するかよりも好きなことに没頭することの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

悲壮な顔をした人たちは、成功や栄誉や勝ち負けにこだわってばかりで、仕事でも趣味でも恋愛でも、熱中することを忘れてしまったんじゃないですか!好きなことに没頭する、そのこと自体が幸せなはずなのに……。もちろん、成功することに越したことはないが、成功できるかどうかは時の運です。


水木しげる の経歴

水木しげる、みずき・しげる。日本の漫画家。大正時代、大阪出身、鳥取育ち。幼少期から絵を描くことが好きで自作の童話をつくっていた。日本大学付属大阪夜間中学(のちの大阪学園大阪高等学校)在学中、太平洋戦争の召集令状が届く。ラバウルへ出征し、爆撃により片腕を失う。帰国し武蔵野美術学校に入学。神戸市兵庫区水木通りにあった安旅館を買い取りアパートとして経営。アパートの住人のつてで紙芝居画家となる。その後、漫画家となり数多くのヒット作を描いた。代表作に『墓場の鬼太郎(ゲゲゲの鬼太郎)』『河童の三平』『悪魔くん』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

これまで優勝は41回。パーフェクトゲーム28回。どちらも最多記録ですが、才能より何よりキャリア50年のおかげですよ。若い頃はここぞという時緊張してフォームが崩れたものですが、今はいつでも落ち着いて練習どおりに投げられるんです。

残業ゼロについて従業員にアイデアを募集したところ、800通を超える意見が集まった。これまで行った意見募集の中で、最も反響が大きかった。素晴らしいアイデアには表彰をし、実現可能な改革はすぐに実行することも決めた。

日本の所得分布をみると、子育てを終えた世代よりも、これから子育てをしようとする若い世代の方がずっと貧しい。これが少子化の原因だと思います。こういったデータがあるから、子育て世代の生命保険を半額にして、安心して赤ちゃんを産んでもらおうということを、会社をつくるうえで旗印にしました。思いや願いの背景に数字があるわけです。

経営者の妥協を許さない姿勢を受けて、技術者は品質とコストを高いレベルで合致させるべく努力するのです。

本当に生きるということは、いつも自分は未熟なんだという前提のもとに平気で生きることだ。それを忘れちゃいけないと思う。

「ツキと、出会いと、運」です。先見の明があったなどとは口が裂けても言えません。私に言わせれば、どんな先見の明も、すべて後講釈といいますか、後付けにすぎません。試行錯誤があるだけです。

私のビジネスに投資しようという会社や、ビジネスパートナーになりたいという人、仕事を請け負ってくれる企業をさがすとき、私の会社では、候補者の経験、専門能力、業績、経営者の性格や社風を厳しくチェックしている。その会社や個人の資質が、私や私の会社の将来にじかに影響するからだ。

長期計画は、計画の途中で変更してもいいでしょう。時代は常に動いているのに、過去に立てた目標に固執するのはナンセンスです。現在の状況に合わせて、目標そのものを変えたり、リスケジュールする柔軟さが欲しいものです。

偉大な経営者とは、偉大な教師に似てくる。事実、ウェルチ氏は教師をさせたら素晴らしい先生になったでしょう。実際、GEにおいても彼は比類のない教師だったといっていい。優れた指導者と教師には、ひとつ欠かせない共通点があるからです。自分の関心を相手に傾け、相手の気持ちを高めて巻き込む能力。愛、です。

ITのような成長のスピードの速い業界なら、「顧客の声を聞いていては遅い」ということになるのでしょうが、アパレル業界では、顧客の意見に耳を傾けることがすべて。

ページの先頭へ