水木しげるの名言|結果よりも行為自体に喜びを感じることの重要性

このエントリーをはてなブックマークに追加

栄光や評価など求めず、大好きなことに熱中する。それ自体が喜びであり、幸せなんです。私の場合、それは漫画を描くことだった。その行為が金銭的に報われるほうがいいに決まっているが、結果の良し悪しには運が付きまとう。


水木しげる の経歴

水木しげる、みずき・しげる。日本の漫画家。大正時代、大阪出身、鳥取育ち。幼少期から絵を描くことが好きで自作の童話をつくっていた。日本大学付属大阪夜間中学(のちの大阪学園大阪高等学校)在学中、太平洋戦争の召集令状が届く。ラバウルへ出征し、爆撃により片腕を失う。帰国し武蔵野美術学校に入学。神戸市兵庫区水木通りにあった安旅館を買い取りアパートとして経営。アパートの住人のつてで紙芝居画家となる。その後、漫画家となり数多くのヒット作を描いた。代表作に『墓場の鬼太郎(ゲゲゲの鬼太郎)』『河童の三平』『悪魔くん』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

部署や相手を良くするための正論を言って、相手に嫌われるのは勲章。大体、嫌われることを恐れるといっても、軽蔑されたら終わりですからね。相手に迎合してばかりで、厳しいことを言えなくなれば、今度はナメられて、心がすり減るんじゃないですか。むしろ、いつも厳しいことを言ってる人が、相手を認めて褒めたら、すごく効果が高いですよ。

消費者が気が付いている問題の解決と、そうではない潜在的な問題の解決の2つがありますが、どちらが重要かと言えば、後者です。前者は、市場調査をすれば誰もが気が付くもので、すぐにライバルにマネされてしまう。だから、私は市場調査が嫌いで、「コンシューマーインサイト」と称して市場調査の結果から分かった気にはなってはいけないと、社内で強く言っているのです。

人に何かを教えるときには2つの方法があります。答えを教えてしまうのがひとつの方法。もうひとつは、答えを悟らせる方法です。社会に出てからは、相手の顔色をうかがったり、情報を分析して解決策を考えたりといった、自分で悟らなければいけない場面のほうが圧倒的に多い。しかし、教育の場面では答えを教える方法ばかりが行なわれてしまうのは、悟らせる教育には技術がいるからです。

特殊な知識や技能で身を立てる人は別だが管理者の立場に立って、企業経営に参加しようとするならば、わずか大学時代の専門に自らを釘付けにしないで、社会へ出てから、理科系の人は法律や経営の常識を、また経済系の人は理科系の一般常識を身につける必要がある。

亀田メディカルセンターは患者さまのために存在するものであり、「患者さまのために全てを優先して貢献すること」が、私たちが最も尊ぶ価値観です。ですから、患者さまから何か要望されたときには、まず「YES!」と答えることをモットーにしています。

今後、小売業の経営環境は、一層厳しくなるでしょう。その中でも、経営者は企業を成長させなくてはなりません。300年、400年続いた「のれん」を守るには、少しでも成長を続けることが重要です。

海外の人材活用を含めたダイバーシティを活用し、グローバル企業として世界に勝ちたいと本当に思っているのであれば、日本企業であることを捨てないと無理です。

洋菓子はもともとヨーロッパ発祥だから我々にはハンディがあるんだけど、形状や食べ方を含め、ポッキーやプリッツのようなものはなかった。だから戦えるわけです。

エリートと呼ばれる彼らは、基本に徹することで、そうではない人と大きな差を出しています。

棚卸はメーカーにとっては最も重要な業務のひとつです。しかし、赤字体質が染みつき、再生局面に置かれている当社では、棚卸という基本動作すらまともにできないような状態に陥っていた。そのために、立て直しが必要だったのです。当社では年末に岐阜県の多治見市にある広大な倉庫で在庫の棚卸が行われます。私もそこでタイルを一枚一枚数えました。

ページの先頭へ