水木しげるの名言|世の中の法律とは別の法律にのっとって生きる

このエントリーをはてなブックマークに追加

アホなベビイ(子供)という評判は気にならんかったのです。私は世の中の法律とは別の法律にのっとって生きてたわけです。
【覚書き|子供時代を振り返っての発言】


水木しげる の経歴

水木しげる、みずき・しげる。日本の漫画家。大正時代、大阪出身、鳥取育ち。幼少期から絵を描くことが好きで自作の童話をつくっていた。日本大学付属大阪夜間中学(のちの大阪学園大阪高等学校)在学中、太平洋戦争の召集令状が届く。ラバウルへ出征し、爆撃により片腕を失う。帰国し武蔵野美術学校に入学。神戸市兵庫区水木通りにあった安旅館を買い取りアパートとして経営。アパートの住人のつてで紙芝居画家となる。その後、漫画家となり数多くのヒット作を描いた。代表作に『墓場の鬼太郎(ゲゲゲの鬼太郎)』『河童の三平』『悪魔くん』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

学生の中には、書を習ってビジネスにしようと考えた人もいたでしょう。しかし、大半の学生は書で自分を表現することの楽しさ、奥深さに感動し、自分を鍛錬することに喜びを感じていたと信じています。米国がすべて商業主義というのは間違いです。
【覚書き|ハーバード大学客員教授として書道を教えたときを振り返っての発言】

成熟していても当社が高シェアを持っている分野で、革新的な製品を生み出し、新たな価値を提供することが重要。高付加価値品によって、金額ベースの売り上げを伸ばせます。

周囲の協力を得やすい人ほど、大きな仕事で成果を出す。組織の中で大きな成果を出す人は、決して自分の力だけに頼りません。周囲とうまくつき合い、周囲の協力を得ながら、目標を目指して突き進みます。

ストレスは悪いものだとは言えません。烏が飛ぶとき、空気は抵抗になりますが、空気がなかったら羽ばたいても飛べません。空気があるからこそ、高く飛ぶことができるのです。仕事のストレスも同じで、ストレスがあるからこそ、人は大きく成長できます。ストレスがなければ成長できません。

私がウォールストリートに足を踏み入れたころはひどい景気で、まるで掃きだめのようだった。しかし、私は利益を出すことができたし、やがてウォールストリートの景気はよくなり、今では誰もがそこを目指すようになった。

どこのサイトでも同じ商品が並ぶようになる。そうするとお客さんは商品の差別性よりも、どこが買いやすいかなど、マーケティング視点から選び始める。

80年代、似た内容で超人気番組となっていた「なるほど!ザ・ワールド(フジテレビ)」は、爆発的な人気を得たあと、視聴率が落ちてきたときにコンセプトを変えてしまい、幕を閉じてしまったように見えました。こういうことがテレビ番組には多いのです。「世界・ふしぎ発見!」は、視聴率が下がった時期もありましたが、最初のコンセプトは決して変えずにやってきました。

ページの先頭へ