水木しげるの名言|生涯現役も悪くはない

このエントリーをはてなブックマークに追加

「楽をして、ぐうたらに生きる」が私の座右の銘で、60歳を超えてから何度も南洋の村に永住しようと本気で考えた。だがその都度、妻子の猛反対にあって断念した。世俗の仕事に追いまくられ、「人生思い通りには運ばない」とボヤいていたが、このごろは生涯現役も悪くはないのかなあという心境になってきた。どうやら、勤勉な妖怪が私に乗り移っているらしく、死ぬまで忙しそうだ。


水木しげる の経歴

水木しげる、みずき・しげる。日本の漫画家。大正時代、大阪出身、鳥取育ち。幼少期から絵を描くことが好きで自作の童話をつくっていた。日本大学付属大阪夜間中学(のちの大阪学園大阪高等学校)在学中、太平洋戦争の召集令状が届く。ラバウルへ出征し、爆撃により片腕を失う。帰国し武蔵野美術学校に入学。神戸市兵庫区水木通りにあった安旅館を買い取りアパートとして経営。アパートの住人のつてで紙芝居画家となる。その後、漫画家となり数多くのヒット作を描いた。代表作に『墓場の鬼太郎(ゲゲゲの鬼太郎)』『河童の三平』『悪魔くん』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

内部のモチベーションマネジメントの向上は採用活動と切り離して考えられないので、採用局面も含めた改善策を練り、クライアントに提案します。

人生って直線ではないから、その時々に何か不安があるのはしょうがない。

お客様のご要望にお応えするにはイノベーションを実践していかなければなりません。もっとお客様のお役に立てることはないかと、デルは常に考えています。こうしたパッションがある限り、デルは強さを失うことはないと確信しています。

残業とは不適切な経営の産物です。残業という「欠陥」が出ているということは、リーダーのマネジメントに改善すべき点が必ずあるはず。リーダーはみずからの能力不足を、残業というかたちで従業員に負わせているということを自覚すべきでしょう。意思決定プロセスをはじめ、効率化できる余地はたくさん残されています。

翻訳は批評を前提にしないと成り立ちません。この十年来、英米文学の名翻訳者・柴田元幸さんと交流させていただく中で実感していることでもあるのですが、翻訳対象の作品を批評できないようでは、その人が翻訳者である必要はないと思います。翻訳家の必要性は、原文に対してどのような批評を発動できるか、その一点にあると言えます。

プロジェクトチームでは、リーダーをまず指名する。次に営業や生産、資材など社内はもちろん、外部からクリエーターやデザイナー、プランナーなど総勢10人ほどを招集。性別、年齢、経験、役職などによる優位性が一切ないフラットな組織とする。問題解決に向かうための仮設を設定し、徹底的に意見を出し合っていく。ただし、最終的にどうするかはリーダーがすべて決める。

人脈を構築できる人の条件は、「人から『会おう』と思ってもらえる人」であること。人脈を作るなら、会ってもらう価値=「実力」が不可欠。

「メール応対で午前が終わる」という人がいますが、非常に効率が悪いので重要なメール以外は午後に回しましょう。パソコンを使う仕事は、自分が感じている以上に時間が早く経過するので気を付けてください。パソコン操作はあちこちに短い待ち時間が潜んでいるため、時間制限を設けたほうがよいです。

三井物産の創業の理念は、常に時代と社会のニーズに応えていくことです。昨年の東日本大震災と原子力発電所の事故を受けて、日本のエネルギー安全保障は非常に重要なテーマになっています。このために努力していくことこそが、三井物産に対するいまの時代の要請です。事業ポートフォリオを多少職牲にしても、エネルギー安保に寄与すること。それが第一の使命だと考えています。

上司に意見を伝えるとき、コンテンツ(結論・メッセージ)だけでなく、コンテキスト(背景や経緯、文脈)も必ず伝えてください。「私はこのやり方がいいと思います」という結論を示したら、「なぜそう思うか」を伝えること。とくに「お客様からこんな意見をもらった」という顧客事例を伝えるのは有効です。上司は部下より現場を直接見る機会が少ない分、顧客の声を重視するので、納得してもらいやすいのです。

ページの先頭へ