水木しげるの名言|スーパースターをライバル視することの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

私が40歳を過ぎてようやく売れだしたころ、手塚(治虫)さんはすでに押しも押されもせぬ漫画界の重鎮で、スーパースターだった。だから、そのころの手塚さんは売りだしたばかりの中年漫画家のことなんかあまり意識していなかっただろう。だが、私は手塚さんを「ライバル」だと思ってやってきた。


水木しげる の経歴

水木しげる、みずき・しげる。日本の漫画家。大正時代、大阪出身、鳥取育ち。幼少期から絵を描くことが好きで自作の童話をつくっていた。日本大学付属大阪夜間中学(のちの大阪学園大阪高等学校)在学中、太平洋戦争の召集令状が届く。ラバウルへ出征し、爆撃により片腕を失う。帰国し武蔵野美術学校に入学。神戸市兵庫区水木通りにあった安旅館を買い取りアパートとして経営。アパートの住人のつてで紙芝居画家となる。その後、漫画家となり数多くのヒット作を描いた。代表作に『墓場の鬼太郎(ゲゲゲの鬼太郎)』『河童の三平』『悪魔くん』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

一年間の兵隊生活は、私にとって貴重な体験だった。厳しい規律の中で行動し、原始的な肉体労働にも耐えたのだから、もう少しぐらいのことには驚かないぞ、という自信を持つことができた。

40代以降の独立は、あまり時間がありません。欠点克服よりも、自分の長所を生かせる事業を始めるべきです。

学生の多くは安定的に長く働ける企業に勤めたいと望んでいます。それにも関わらず離職するのは、働き方に多様性がないからではないでしょうか。たとえば多様なスキルが求められるフルタイム職だけでなく、一定の事務仕事を限定的にこなす非スキル職や地元採用で転勤のない地域限定職などです。長期雇用を前提として、これらの職種とフルタイム職の流動性を高める。働き方のバリエーションが増えれば、辞めずに済む社員は多いはずです。

腕さえあればいくらだって稼げるんだよ。人ができない仕事をやるんだから。簡単にできない仕事をやるんだからさ。

行動ファイナンスの研究をかなりしています。様々な調査結果を見ると、人間の感情的な部分に焦点を当てることで、顧客に対してより良いサービスを提供できることが分かります。

日々心がけているのは、話を「聞く」こと。「話す」ことよりエネルギーがいりますが、根気よく話を聞くことが何よりも大事。部下からの話を聞かずにこちらが一方的に話していたら、誰も情報を伝えてくれなくなる。情報が入ってこなくなったら、裸の王様でしょう?

自分の立場や影響力を踏まえて行動することも大切です。

ページの先頭へ