水木しげるの名言|幸福はその人の生き方次第

このエントリーをはてなブックマークに追加

幸福を手に入れるのは実に大変だが、しかし大切なのはその人の生き方次第というわけです。


水木しげる の経歴

水木しげる、みずき・しげる。日本の漫画家。大正時代、大阪出身、鳥取育ち。幼少期から絵を描くことが好きで自作の童話をつくっていた。日本大学付属大阪夜間中学(のちの大阪学園大阪高等学校)在学中、太平洋戦争の召集令状が届く。ラバウルへ出征し、爆撃により片腕を失う。帰国し武蔵野美術学校に入学。神戸市兵庫区水木通りにあった安旅館を買い取りアパートとして経営。アパートの住人のつてで紙芝居画家となる。その後、漫画家となり数多くのヒット作を描いた。代表作に『墓場の鬼太郎(ゲゲゲの鬼太郎)』『河童の三平』『悪魔くん』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

いつも余裕のない状態で仕事をしていると、それを見た上司から「スピードが上がるまでは、いまの仕事に専念してもらおう」と判断されます。そして新しい仕事がもらえなくなる。つまり、新しい経験を積むチャンスを失ってしまうのです。ですから、仕事に追われていると感じている人は、上司の力を借りてでも解決のスピードを上げた方がいいと思います。そうして数をこなせば、自分の実力も上がってくるはずですから。

経営と囲碁の共通点は未来をシミュレーションし、その見通しから現実を変えていく視点です。囲碁で言えば、最後の終局を目指しながら打っていくということです。

人に真似される商品をつくれ。

肝心なのが腰の低さと礼儀正しさです。「こんな外見なのに、案外、しっかりしているんだな」と思ってもらうことです。第一印象と第二印象のギャップですね。こういう場合もこの外見が役立つんです。

創業時の厳しい体験がなかったら、単純な右肩上がりの発想のまま、いまごろうちも駄目になっていたでしょうね。企業というのは企画力だけでは回らない。営業や財務などを合わせた総合力が重要だ。そう痛感して、この30年間、大手観光会社や生命保険会社から人材を採用し、バランスのとれた会社を目指してきました。

交渉しないのが交渉の一番の極意。先にこちらから解決策をアドバイスしてはいけない。相手はこちらに都合のいい方向に誘導されて、じわじわ追い詰められているように感じてしまう。一番いいのは、解決策に相手と自分が同時に気づくことです。

短期的な業績への効果はありませんが、原料メーカーや広告代理店といったパートナー企業との関係を強化しています。担当者との打ち合わせに私が出席してその場で意思決定したり、誕生日にプレゼントを贈ったりして、絆を大切にしています。そうした努力をしていると、ノウハウや情報を積極的に提供してくれるなど、当社を大切にしてくれるようになります。

ページの先頭へ