水木しげるの名言|中年を過ぎたら愉快に怠けるクセをつけるべき

このエントリーをはてなブックマークに追加

若いときは怠けては駄目です!でも、中年を過ぎたら愉快に怠けるクセをつけるべきです。なんとか食えるようになってから、連載の本数を減らして、世界中の楽園や妖怪の棲み処(すみか)を訪ねる世界妖怪紀行を始めました。いままでに78回も世界中を旅していて、これが私の最大の怠け術です。ときどき怠けることは生きていくうえで大切なことです。そして、仕事でも役立つのです。


水木しげる の経歴

水木しげる、みずき・しげる。日本の漫画家。大正時代、大阪出身、鳥取育ち。幼少期から絵を描くことが好きで自作の童話をつくっていた。日本大学付属大阪夜間中学(のちの大阪学園大阪高等学校)在学中、太平洋戦争の召集令状が届く。ラバウルへ出征し、爆撃により片腕を失う。帰国し武蔵野美術学校に入学。神戸市兵庫区水木通りにあった安旅館を買い取りアパートとして経営。アパートの住人のつてで紙芝居画家となる。その後、漫画家となり数多くのヒット作を描いた。代表作に『墓場の鬼太郎(ゲゲゲの鬼太郎)』『河童の三平』『悪魔くん』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

海外で迅速に事業基盤を整えるためには、既存の資産を獲得するM&A(企業の買収・合併)が主軸にならざるを得ません。国内では法人顧客約30万社、ネット事業で数千万人というユーザーを抱えるまでになりました。しかし、海外ですべてを自前で展開した場合、50年かけても日本で築き上げたもの以上は得られないでしょう。

りそなは社外取締役のメンバーが取締役会の過半数を占めています。もともとは公的資金投入を引き金とする措置でしたが、いまは大企業病の予防策に社外取締役の存在が欠かせないと身にしみています。

お客様に最も近い人たちが、お客様のニーズ、地域の特性などをわかっているはずです。お客様のご評価を高めるためには、その人たちが何をしたらいいかを構想し、決断し、行動していかなければなりません。

私は経営者に必須の三要素として「知・徳・胆」を挙げます。「知」は戦略・戦術。「徳」は人徳。「胆」は胆力で、ここ一番の度胸。これはスポーツの「心・技・体」に相当します。

人の上に立つ立場なら広い範囲で物事を見るクセをつける必要もある。自分を責めてばかりではなく、逆に仕事のできない部下や上司をじっくり観察してみると良い。反省よりも、逆に人を批判しているときのほうが頭が働く場合もある。

リストラとは、本来その会社が、関連するものからイモズル式に枝葉を伸ばして、本業に次ぐものを育てようと言う転換の精神、事業構築の精神であって、首切り、事業を放り出したりするのがリストラと呼ばれているのは事業再構築という原意と全く違っています。

私は創業当初から志だけは高かったんです。とにかくブランド力! ちゃんとしたブランドをつくりたいと考えていました。

ソーシャルメディアの普及で、さまざまな情報が可視化され、企業の本質が問われるようになっていると感じます。たとえば従業員の「バカな行為」がたびたび報じられるような企業は、管理体制や士気に根本的な問題を抱えている可能性が高いと考えることもできます。従業員の満足度が高い企業であれば、「会社に迷惑をかけてはいけない」と考えて、社会常識に反した投稿は自然と控えるはずだからです。

商売が順調なときも、100円という安さだけではいずれ飽きられてしまわないかと、ずっと不安でした。

数字力には決算書を読み解くことももちろん含まれますが、最初からそのレベルを目指す必要はありません。まずは自分の仕事に直結する数字をしっかりおさえることから始めましょう。

ページの先頭へ