水木しげるの名言|学ぶことの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

同業者の家に行くと、本なんか一冊もない人たちが少なくありませんでした。面白おかしく、楽しみながら好きな漫画を描いて、楽して暮らしたいという人たちです。そういう人たちは、ほとんどが消えてしまいました。たぶん、「好き」のパワーが弱かったのでしょう。


水木しげる の経歴

水木しげる、みずき・しげる。日本の漫画家。大正時代、大阪出身、鳥取育ち。幼少期から絵を描くことが好きで自作の童話をつくっていた。日本大学付属大阪夜間中学(のちの大阪学園大阪高等学校)在学中、太平洋戦争の召集令状が届く。ラバウルへ出征し、爆撃により片腕を失う。帰国し武蔵野美術学校に入学。神戸市兵庫区水木通りにあった安旅館を買い取りアパートとして経営。アパートの住人のつてで紙芝居画家となる。その後、漫画家となり数多くのヒット作を描いた。代表作に『墓場の鬼太郎(ゲゲゲの鬼太郎)』『河童の三平』『悪魔くん』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

日替わりで班長を変える日替わり班長制度は、「あの人が班長のときには負けたくない」という競争心が生まれる効果もあります。しかし面白いのは、逆に自分が班長のときより、ほかの人が班長のときのほうが一所懸命になる人がいることです。そうしないと自分が班長のとき、周りが協力してくれませんからね。

一部の外国ではヒーローが継続的に再生産されて、若者の起業やチャレンジの原動力になっている気がする。夢見、憧れるリーダーがいて、多くの若者が動機づけられ、自らもチャレンジするというサイクルが回っている。

コカ・コーラの中身は120年以上変わっていません。現在、世界一のブランド価値を持っていると評価されています。どうしてこんなに古い商品がいまだに高い価値を維持し続けることができるのかということです。それは、感性に訴える価値の鮮度を高める努力をし、継続し続けているからなのです。

直感力を鍛えるには、本を読む、映画を見る、人に会う。好奇心を広げて、経験を積むこと。情報が集積されていない若い頃は直感が当たらなくても、年齢を重ねるごとに精度があがる。

私が人員削減をお手伝いした会社の中に、某大手食品会社の子会社がありました。業績悪化の中、苦渋の決断で人員削減を行うことになり、社長自らが矢面に立ち、社員の説得にあたりました。真剣に向き合って自社の未来を考えたときに、どういう選択をしなければいけないのかを一人一人に語りました。残った社員に対しても時間を割いて状況は必ず良くなると何度も説得し、社運をかけてある商品を前面に押し出しました。その会社はいまではすっかり立ち直り業績も好調です。いま思うと、そのときの社長の覚悟が社員に伝わったことが、苦境を乗り切る力となったと感じています。

ソニーの創業者である盛田昭夫の次男として生まれ、もう一人の創業者・井深大と盛田が働く姿を子供の頃から見てきました。強烈なリーダーたちの行動の原動力を私なりに言うならば、「ドキドキする気持ち」ではないかと思っています。

不動産ビジネスの醍醐味はヒト、モノ、コトさまざまなものに興味を持つことが仕事につながっていく点だと思います。興味関心の集積体が形となって現われてくる世界、とでも言えばいいでしょうか。

ページの先頭へ