水木しげるの名言|漫画家はよほど好きでないと務まらない

このエントリーをはてなブックマークに追加

私の職業である漫画家は、売れなければ終わりの冷酷な世界です。なんとか売れるようになった後も、ヒット作を捻り出し、マネーを獲得しないと食っていけない。普通の心臓ではもちません。よほど好きでないと務まりませんよ、ホントに。


水木しげる の経歴

水木しげる、みずき・しげる。日本の漫画家。大正時代、大阪出身、鳥取育ち。幼少期から絵を描くことが好きで自作の童話をつくっていた。日本大学付属大阪夜間中学(のちの大阪学園大阪高等学校)在学中、太平洋戦争の召集令状が届く。ラバウルへ出征し、爆撃により片腕を失う。帰国し武蔵野美術学校に入学。神戸市兵庫区水木通りにあった安旅館を買い取りアパートとして経営。アパートの住人のつてで紙芝居画家となる。その後、漫画家となり数多くのヒット作を描いた。代表作に『墓場の鬼太郎(ゲゲゲの鬼太郎)』『河童の三平』『悪魔くん』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「毎日革新」という心意気は、活気に溢れる雰囲気や組織をつくり出し、組織全体の若さを導き出す源泉ともなる。

ネバダでの金の採掘を始めて、今年で8年になります。その間安定した成長を遂げることができたわけです。そこで、さらなる発展のために、収益構造と財務体質の抜本的な改革に着手します。これを第2の創業と呼んでいるのです。

乱読が一定量を超えると、物事の見方、考え方の基礎が身につく。

真似をされても構いませんよ。私たちは次の高みを目指すだけですから。

聞く力が重要です。人の話を聞くのは意外と大変ですよね。しかし、人間はじっくりと話を聞いてくれた人のことを信頼するものなのです。聞く能力が高い人は、お客様の信頼を獲得しやすいと思います。

安全については、近道はない。

「朝起きられない」という人は、話を聞いてみるとほとんどの人が部屋を暗くしたまま起きている。これは良くないですね。まずは朝起きたら、部屋の明かりをつけるか外光を浴びる。できれば太陽の光がいいです。理由は太陽光の波長が脳の覚醒スイッチを入れるのに効果があるからです。脳は環境の変化に非常に敏感。朝、目を覚ましても部屋の中にいると、「これはまだ休んでいてもいいのかな」という判断をしてしまいます。反対に、外に出ると「もう朝だ。目を覚まさなきゃ」と脳が判断するので自然に目覚められるのです。

帰宅時間が夜の12時とか1時になっても、起床時間は常に朝4時と決めています。つまり、朝4時に起床し、7時に出社して、始業までの2時間ほどを自分の時間にあてるのを日課としています。その時間には、頭の中を整理するとか、田舎の同窓会の会長の仕事や原稿執筆など、舞い込んでくる個人的な仕事を片っ端から整理しています。

自分の「思い」と、ただの「思い込み」は大きく違います。それを区別するため、新しいアイデアを思いついた時は、なるべく多くの顧客に会い、意見を聞くことにしています。

リフォームは20年ないし30年に1度しかやらないものです。だからこそ、お客様には最適な選択をしてもらいたい。当社や競合の商品を見てもらって、納得して選んでほしいのです。

ページの先頭へ