水木しげるの名言|人間は「しないではいられないこと」をするために生まれてきた

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベビイ(子供)のころは誰もが好きなことに没頭して生きていたはずだ。人間は好きなこと、すなわち「しないではいられないこと」をするために生まれてきたんです。初心にかえって、仕事に改めて喜びを見出すのもいいし、ずっとやりたかったのに我慢していた趣味をやってみるのもいい。


水木しげる の経歴

水木しげる、みずき・しげる。日本の漫画家。大正時代、大阪出身、鳥取育ち。幼少期から絵を描くことが好きで自作の童話をつくっていた。日本大学付属大阪夜間中学(のちの大阪学園大阪高等学校)在学中、太平洋戦争の召集令状が届く。ラバウルへ出征し、爆撃により片腕を失う。帰国し武蔵野美術学校に入学。神戸市兵庫区水木通りにあった安旅館を買い取りアパートとして経営。アパートの住人のつてで紙芝居画家となる。その後、漫画家となり数多くのヒット作を描いた。代表作に『墓場の鬼太郎(ゲゲゲの鬼太郎)』『河童の三平』『悪魔くん』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

アンケートの落とし穴は、各項目は独立した要因だと仮定してしまっていることである。独立した要因とは、相互に無関係に消費者の購買意思決定に影響するということである。

『会社のルール 男は「野球」で、女は「ままごと」で仕事のオキテを学んだ』という本があります。野球では上の言うことは絶対で「バントしろ」と言われたらバントする。自分はホームランを打てなくても、チームが勝ったらそれでいい。勝つことを目的として手段は選ばないんです。一方、女性がやってきた「おままごと」は勝利に向けてというような結果も終わりもない。みんなでなんとなくその場を仲良くすること自体が目的です。これから伸びる人は、この両方のコミュニケーションを理解して使い分けられる人でしょう。

私は昔から上司に恵まれ、いろいろチャレンジの場を与えてもらいました。私のチャレンジはほとんどが失敗の連続でしたが、上司や先輩には「失敗を恐れるな」と言っていただき、本当に感謝しています。

必然の運というのは、日頃の行動や気持ちの持ちようで呼び込むことができる。まず仕事でも何でも「準備・実行・後始末」をちゃんとする。準備をしていれば失敗のない実行ができ、後始末をきちんとすることで、次の準備へと繋がっていく。

企画書で一番大切なのは、もちろん企画の中身ですが、同時に、自分が伝えたい中身を「相手にどう受け止めてほしいか」も考えるべき。

削る部分は、お客様の見えないところですべきだ。銚子丸は、物流コストの削減には力を入れている。最近では、店員1人当たりの生産性の向上に向けた教育や研修も強化している。

モノを極限まで手放したことで、僕は行動力がつき、自由な空間と時間、そして心の余裕まで手に入れることができました。モノを減らすことで、生き方をもっと自分らしく高める――それがミニマリストの整理術。

ページの先頭へ