水木しげるの名言|好奇心を大事にすることの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

打込めることを真剣に探そうとすると真面目な人たちには、案外それが見つからないものです。見つけるにはコツがある。簡単なことです。好奇心を大事にすればいい。好奇心が湧き起こったら、とことん熱中してみる。これが近道であります。そうすると、「しないではいられないこと」が姿を現してくる。それでも、姿を現さないなら、ベビイ(子供)のころを思い出してみなさい。無我夢中で遊びや趣味に没頭したころを思い浮かべてみるのです。


水木しげる の経歴

水木しげる、みずき・しげる。日本の漫画家。大正時代、大阪出身、鳥取育ち。幼少期から絵を描くことが好きで自作の童話をつくっていた。日本大学付属大阪夜間中学(のちの大阪学園大阪高等学校)在学中、太平洋戦争の召集令状が届く。ラバウルへ出征し、爆撃により片腕を失う。帰国し武蔵野美術学校に入学。神戸市兵庫区水木通りにあった安旅館を買い取りアパートとして経営。アパートの住人のつてで紙芝居画家となる。その後、漫画家となり数多くのヒット作を描いた。代表作に『墓場の鬼太郎(ゲゲゲの鬼太郎)』『河童の三平』『悪魔くん』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

前頭前野の働きを見る各種テストでは、高齢になるほど同年齢の正答率のばらつきが大きくなる。これは普段の生活や仕事の中で、あまり使わない機能は低下し、よく使う機能は向上していくことを示している。普段頭を使っている人とそうでない人との差は、年齢とともに拡大していく。

企業は常に利益を気にしていなければならない。でなければ長く事業を続けられないからだ。

現状把握のステップで、まず大事なのは、問題を幅広くモレなく認識すること。

プレゼン資料を作るときは、「相手は誰で、届けるべきメッセージは何か? 獲得したい目標は何か?」をまず考える。クライアントへの提案、一般聴衆向けの講演、テレビでの一分間のコメントと、シチュエーションが変われば目標も異なり、その結果、適切な伝え方も変わってきますから。

CFO(チーフ・ファイナンシャル・オフィサー、最高財務責任者)の役割は「チーフ・フォーカス・オフィサー」だとつくづく思います。何を優先するか示さなければなりません。目指すものが多いと、本当に大事なものが見えなくなるからです。

最初からひとつひとつ積み上げていこうとすると、負担が大きすぎて挫折の原因になりかねません。まず全体を小さく分割し、自分にとって都合のいい部分から始めれば仕事への着手は容易になります。

一見小さなイノベーションの積み重ねが顧客満足度を高め、この電車に乗ってみたいな、あの沿線に住んでみたいなという魅力づくりにつながっていくのです。企業競争力の源泉と言っても過言ではないでしょう。

過去の成功体験や制約条件にとらわれ、ゼロベースで考えられなくなる状況を、私は「成功は復讐する」と呼んでいます。

「変えるべきこと」「変えてはいけないこと」をしっかり把握しながら時代の変化に適合することが大切。

勉強というのは「会計士になりたい」とか「デザイナーになりたい」といった、やりたいことを実現するために行うものです。だから勉強しないのは、やりたいことを諦めることでもあるのです。やりたいことを諦めてつまらない人生を送るほうがいいのであれば、勉強する必要なんてありません。

ページの先頭へ