心屋仁之助の名言|自信がある人とない人の違い

このエントリーをはてなブックマークに追加

自信は実際の能力や美点と直結するわけではありません。自信のある人は自分の短所をさほど気にしませんし、自信のない人はどんな長所があってもそれを認めようとしません。その見え方が、自信の有無を分けるのです。


心屋仁之助 の経歴

心屋仁之助、こころや・じんのすけ。日本の心理カウンセラー。兵庫県出身。桃山学院大学卒業後、大手物流企業に入社。現場営業や営業企画部門管理職として19年間勤務。その後、心理療法と出会い心理カウンセラーとして独立。性格リフォームを専門としたカウンセリングを行う。NLPマスタープラクティショナー。著書に『光と影の法則『性格は捨てられる』『人間関係が「しんどい!」と思ったら読む本』『「自分がイヤだ!」と思ったら読む本』『「めんどくさい女」から卒業する方法』『すりへらない心をつくるシンプルな習慣』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

特にトライアスロンのような持久系のスポーツは、練習や試合への挑み方、セルフマネジメントが重要で、考えなければいけない要素は多い。考える力は、心の底から強くなりたいと思える人ほど鍛えられます。

投資家を納得させないと、資金も集まらない。それに有効な武器がプレゼン。だから予定調和的なやり取りはムダどころか繰り返せば、会社が潰れる。潰れたら、自分のやりたいことはできず、世の中に貢献もできないままに消えちゃう。その飢餓感と焦りがあるから、僕のプレゼンは命がけ。感情を込めずに棒読みしたり、個条書きのスライドをだらだら説明したりするなんてできるわけがない。

「独創性」という言葉は、「独り創造的である」という漢字を使います。だから、設定テーマが独創的であればあるほど孤立無援になります。生きにくいかもしれないし、多数派優位だからいじめられるかもしれない。それでも、少数派であることを誇りに、やり続けるしかありません。

「こいつは責任をなすりつけてもOKだ」と思われたらナメられてしまう。そうすると便利屋扱いで、重要な仕事は回ってこない。実績を積むうえで非常に不利になる。なんらかの失敗が起こった場合、原因が自分の勝手な判断によるものか、上司の指示ミスなのかはっきりさせることが大切。そのためにも、最初の指示を受ける際に指示内容をしっかり確認し、記録に残しておくといい。

自己犠牲の精神が強い日本では、個人の自己実現というのは軽視されがち。しかし、売り上げ目標という考えを1回置き、個人としてプロジェクトに熱意を持てるかが最も大切。

よくある業界内での常識などは、その不必要なものの典型ではないでしょうか。流通業界で例えるなら、押し込み販売です。メーカーが月末に数字を作るため、リベートや値引きで無理に買ってもらうのが押し込み販売です。ただ、これをやると、小売りに在庫がたまり、翌月の半ばで売上が立ちません。結果的に、その月も月末に押し込み販売になる。これでは意味がないでしょう。

客室係が気働きをできる環境を整えるのは、女将や社長などトップの役目です。こう考えて、ハードとソフトの両面で客室係を支援する仕組みを導入してきました。

ページの先頭へ