心屋仁之助の名言|憂鬱は増幅する

このエントリーをはてなブックマークに追加

憂鬱は増幅するという厄介な傾向を持っています。憂鬱な人は、しばしば「どうせ」上手くいかない、という言葉を口にします。この「どうせ」が曲者です。この言葉を言うと、次は「やっぱり」という言葉が引き寄せられるという現象が起こるのです。どうせ自分は仕事ができないから、どうせ目の敵にされるから……と考えていると、ことあるごとに「やっぱり僕はできない」と感じることが増えます。本当に「できない」からそうなるわけではありません。「できないに違いない」と決めているから、その証拠を探したいのです。


心屋仁之助 の経歴

心屋仁之助、こころや・じんのすけ。日本の心理カウンセラー。兵庫県出身。桃山学院大学卒業後、大手物流企業に入社。現場営業や営業企画部門管理職として19年間勤務。その後、心理療法と出会い心理カウンセラーとして独立。性格リフォームを専門としたカウンセリングを行う。NLPマスタープラクティショナー。著書に『光と影の法則『性格は捨てられる』『人間関係が「しんどい!」と思ったら読む本』『「自分がイヤだ!」と思ったら読む本』『「めんどくさい女」から卒業する方法』『すりへらない心をつくるシンプルな習慣』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

最近は、若いうちから、将来伸びそうな人材、そうでない人材を峻別する会社が多いですね。後者に分類されて閑職とレッテルを貼られた部署に回されれば、意欲が湧くはずがない。

イノベーションだけではすぐに追いつかれる。時代に合わせて飲む「意味」を変えていく。

若手から中堅の社員に向けて人事部は「ブラザービジネスマインド塾」といった仕組みで人材教育に取り組んでいます。財務諸表の読み方をはじめ、ブラザーならではの商品開発や販売の仕組みなどを身に付けてもらう計15の講座を設けています。講座では、中堅社員が講師を務めます。つまり、講座によって生徒と先生が入れ替わり、お互いに教え合うのです。教える立場になればこれまで当然と考えていた常識が揺らぐこともあるでしょう。こうした経験を繰り返すことで専門領域への理解を一層深めます。

雑談をするうえで、しゃべろうとしても話題が思いつかない、うまく話せないという悩みを持つ人は少なくありません。ですが、話し方がうまくなくても、コミュニケーションの悩みは解消できます。聞き上手になればいいのです。

従業員に意識と行動を変えてもらうために、私は3つのことを言っています。

  1. 行動規範として「お客様に喜んでもらうこと」を何よりも重視する。
  2. クラウドとモビリティの分野でリーダーを目指す。
  3. この2つを達成するための最短距離を探す。

「戦略×実現力」が成果を生む。いくら正しい戦略を立てても、それを実現する組織の力がないと大きな成果は出ない。

家電専門店としての究極のサービスは、住宅を丸ごと提供することだと常々思っていました。究極のサービスの実現に向けてチャンスだと思っています。
【覚書き|住宅市場に参入したときの発言】

ページの先頭へ