心屋仁之助の名言|上手くいった結果を当然と思うことが大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

上手くいった結果を当然と見なせばハッピーな気分になり、上手くいかない結果に照準を合わせると憂鬱になる。


心屋仁之助 の経歴

心屋仁之助、こころや・じんのすけ。日本の心理カウンセラー。兵庫県出身。桃山学院大学卒業後、大手物流企業に入社。現場営業や営業企画部門管理職として19年間勤務。その後、心理療法と出会い心理カウンセラーとして独立。性格リフォームを専門としたカウンセリングを行う。NLPマスタープラクティショナー。著書に『光と影の法則『性格は捨てられる』『人間関係が「しんどい!」と思ったら読む本』『「自分がイヤだ!」と思ったら読む本』『「めんどくさい女」から卒業する方法』『すりへらない心をつくるシンプルな習慣』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

論理的思考を鍛えるためには、日ごろ目にする経済ニュースが、絶好の教材です。日々のニュースについて、「なぜそうなるのか?」を具体的にフローチャートに書いて論理的な説明を考えてみればいいのです。

日本人が鑑定し、値付けしていることへの信頼性もありますが、アジアでは「大黒屋」が1つのブランドともなっており、うちの販売タグが付いていれば、それだけで信用されます。万が一にも偽物だったら、買い戻しの保証もあります。

米国では失敗してもまだチャンスは何度もあるわけですが、日本の場合は一度失敗するとほとんど終わり。これが日本でプロの経営者の育成を遅らせている要因。

新しい時代は若い人が作るもの。

あらゆる物事が激しく変化する現在、それへの対応力や柔軟性という点では若い世代に一定の分があるでしょう。だとすれば上の世代は、専門性や管理能力といった独自の存在価値を発揮していかねばなりません。そのベースとなるのは、まさに経験です。

東芝の常務から東芝EMIの社長になられた高宮昇さんからは、多くの面で教えられることがありました。とりわけ仕事に関しては、一途に、誠実に、さらに厳しくということを、高宮さんの背中から学んだ気がします。

打つべき手を打てば、夜の後に必ず朝が来るもんなんです。夏は夜が遅くて朝が早い、冬は夜が早くて朝が遅いという違いはあるから、なかには長引く不況もあるでしょう。いずれにせよ、開けない夜はないのです。

ページの先頭へ