心屋仁之助の名言|ものごとを見る基準をどこに置くかが大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

私はゴルフでショットを打つときにまっすぐ飛ばしたいときも右に曲げてしまう癖があります。というより、自分でそう思い込んでいます。そして実際に右に曲げてしまうたびに「ほら、また曲がった」と感じます。もちろん、ときにはまっすぐ打てることもあります。しかし、そんなときはなぜか「いやあ、たまたまだよ」と言ってしまいます。自信のある人はその逆です。しょっちゅう右に曲げていても、そちらを「たまたま」だと言い、上手くまっすぐ飛べば「また上手くできた」と喜ぶものなのです。つまり問題は基準をどこに置くかにあるのです。


心屋仁之助 の経歴

心屋仁之助、こころや・じんのすけ。日本の心理カウンセラー。兵庫県出身。桃山学院大学卒業後、大手物流企業に入社。現場営業や営業企画部門管理職として19年間勤務。その後、心理療法と出会い心理カウンセラーとして独立。性格リフォームを専門としたカウンセリングを行う。NLPマスタープラクティショナー。著書に『光と影の法則『性格は捨てられる』『人間関係が「しんどい!」と思ったら読む本』『「自分がイヤだ!」と思ったら読む本』『「めんどくさい女」から卒業する方法』『すりへらない心をつくるシンプルな習慣』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は自分の力で市場を開拓し、少しずつビジネスを広げることに意義を見いだしています。

今こそ、ファイナンシャル教育によって身を固めるべきときだ。お金に関する知能を高めれば、どんな状況でもあなたに富をもたらす機会を見つけることができる。

引退5年前に前線から退きましょうというのは意味があって、社長が現場を握っていると物事が引き継がれないからです。社長の頭の中に会社の設計図が全部入っている。それを伝えないと、後に続く人たちがどうしようもない。社長がいなくても会社が回るようにするためには、それくらいの期間が必要なのです。

講演会などで「今後10年間で売り上げが倍になるビジネスは何か」と尋ねるとみんな分からないんですが、答えは「棺桶」。高齢化社会で関連ビジネスの需要が増えるのは確実で、僕らがメディカルケアの事業をやっているのも、そのトレンドをつかんでいるから。人は棺桶に入る前には病院のお世話になるので、病院相手の仕事をさせていただいているわけです。

円滑なコミュニケーションのためには、まず、追求する欲求の質は人それぞれであることを学ぶこと。

演じることが好きで役者をやっていますから、仕事が辛いと思ったり、投げ出したいと思ったりしたことはありません。どんなことがあっても芝居に出るのは、僕にとって当たり前のこと。

じゃあ経団連をやめて暇になるから、僕が行くよ。僕のほかにも会社を辞めて植木屋のアルバイトをやっている人がいるから、2、3人連れて行く。
【覚書き|ある人が自宅の庭木の手入れは植木屋に頼んでいると言ったことに対する土光氏の発言。土光氏は自分の家の庭を自分で手入れしていた。また、俸給から生活費10万円を抜いて他は全額近所の女学校に寄付していた。】

ページの先頭へ