心屋仁之助の名言|憂鬱から抜け出すために必要な基盤

このエントリーをはてなブックマークに追加

憂鬱になりがちな人は、自分の評価をすべて人に委ねる傾向があります。人にどう思われようと自分で自分を尊重できるだけの基盤がないのです。憂鬱から抜け出すには自信という基盤が必要ということになります。


心屋仁之助 の経歴

心屋仁之助、こころや・じんのすけ。日本の心理カウンセラー。兵庫県出身。桃山学院大学卒業後、大手物流企業に入社。現場営業や営業企画部門管理職として19年間勤務。その後、心理療法と出会い心理カウンセラーとして独立。性格リフォームを専門としたカウンセリングを行う。NLPマスタープラクティショナー。著書に『光と影の法則『性格は捨てられる』『人間関係が「しんどい!」と思ったら読む本』『「自分がイヤだ!」と思ったら読む本』『「めんどくさい女」から卒業する方法』『すりへらない心をつくるシンプルな習慣』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

兵法の道において、心の持ちようは平常の心と変わってはならない。平常のときも戦いのときも少しも変わらず、心を広く素直にして、緊張しすぎず、少しも弛まず、心に偏りがないように、心を真中におき、心を静かに揺るがせて、その揺るぎのなかにも一瞬たりとも揺るぎを失わないように、よくよく吟味すべきである。

不況のせいで潰れる会社というのは、本当は一社もないのです。不況のときこそ、経営能力が試されるのです。その意味で、「会社が潰れるときは、やはり内部に事情があり、特に経営者に問題がある」とういことを知っていただきたい。

小笠原流の礼法の教育は、本当に基本的な動作から始まります。ですから、最初の免許の取得まで10年もの時間がかかるのです。

選挙期間中に「渡邉美樹はブラック企業だ」と書いたチラシを何十万枚と駅前で配られたんですよ。僕が新宿の駅に行ったときは、空気が全部、僕の敵。これは本当に怖いというか、プロパガンダの力というのはすごいなと。

編集長時代、『アントレ』を個人読者と法人読者のどちらに比重を置くか議論を何度もしました。結果、「雇われないで生きていく」というキーワードが生まれ、個人の独立希望者にフォーカスすることを決めたのです。

リーマンショックで売上高が急落したとき、当社はWPR(ダブル・プロフィット・レシオ)という指標をつくりだした。売上高が半減しても利益を出せるコスト削減項目のようなものだ。なぜこれを考えつけたかというと、1920年代からの世界大恐慌の際に何が起きたかを調べていたからだ。当時は約10年にわたる長期不況が続き、多くの企業は売上高が半分近くまで減ってしまった。とすれば、売上げが半減したとしても利益を出せる体質ならば、会社は潰れないということになる。

加盟店と本部の関係は、契約書ではなく夫婦間のように婚姻届みたいなかたちで、もちろんたまには議論もしくは喧嘩もするだろう、でも一緒に助けあって将来的には良き家庭を築いていこう、良きダスキンブランド、良きミスタードーナツブランドを築いていこうという目指すところは一緒なんだ。

ページの先頭へ