三品和広の名言|異色な人材は厳しく育てることが大切

異色な人材を早い時期から守りすぎるのはよくないでしょう。下品な言い方かもしれませんが、むしろ蹴りを入れた方がいい。ビル・ゲイツのような人材を育成するという発想自体が間違っているわけです。彼らは勝手に育ったというか、そうなっただけなのですから。

三品和広 の経歴

三品和広、みしな・かずひろ。日本の経営学者(経営戦略・経営者論)。一橋大学商学部卒業、一橋大学大学院商学研究科修士課程修了、ハーバード大学文理大学院博士課程修了。ハーバード大学ビジネススクール助教授、北陸先端科学技術大学院大学先端科学技術調査センター助教授、同大学院知識科学研究科助教授、神戸大学大学院経営学研究科助教授・教授などを歴任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

やってみて初めて自分の良いところ、ダメなところがわかってくる。

片岡鶴太郎の名言|やってみて初めて自分の良いところ、ダメなところがわかってくる


今の若い人たちは、ガーデニングにある種のファッション性や憧れを感じているようですよ。しかし意外と肥料を使ってくれませんね。「植物には水をやるの?」と聞くような水準の人もいるくらいですから。ましてや肥料のことなどといった感じはありますね。ですから、私どもはセミナーとか園芸教室などを積極的に開いて、園芸知識のレベル向上に努めています。マーケティング戦略としては、今後初心者をお客としてどう囲い込んでいくかですね。新たなうまい仕掛けをつくらなくてはいけません。

村上恭豊の名言|今後初心者をお客としてどう囲い込んでいくか


部下や他部署の人に何かを伝えるときに、トップがこう言っているとか、事業部長がこう言っているからと話しても、説得力に欠けます。「私はこう考えています」ということを自分の言葉で伝えた方がいいでしょう。

川上徹也の名言|部下には自分の言葉で伝えると説得力が増す


若い社員に「一流のものに触れろ」「仕事以外の話を2時間以上できるようになれ」とよく言っています。仕事だけでいいと思っていると仕事バカになるだけで、新しいアイデアを生み出すことはできません。仕事に生かすためにも、そしてもちろん人生を豊かにするためにも、優れた文化に触れる時間を大事にしたい。そこには気分転換以上の意味があるのです。

和地孝の名言|仕事バカでは新しいアイデアは生み出せない


私は週末、パーク内を歩いて回り、キャスト(従業員)の仕事ぶりを見て、この人は本当に頑張っているなと思ったら、その場で1枚のカードを手渡しています。「ファイブスターカード」といって、管理職社員がパーク内でキャストの素晴らしいサービスやおもてなしを提供している場面を見かけたとき、称賛のしるしとしてカードを渡す取り組みを行っています。
【覚書き|ファイブスターカードは開園前閉園後に行われる30分程度の特別パーティの招待状となっている】

上西京一郎の名言|褒めることを仕組み化する


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ