アランの名言|幸福になろうと欲しなければ、絶対に幸福にはなれない。

幸福になろうと欲しなければ、絶対に幸福にはなれない。

アラン(哲学者) の経歴

エミール=オーギュスト・シャルティエ。「アラン」というペンネームで知られているフランスの哲学者、教師。フランスのノルマンディー地方出身。エコール・ノルマル・シュペリウール卒業後に高校の哲学教師になる。その後、アランの名でデペーシュ・ド・ルーアン紙に哲学コラムを寄稿し続けた。46歳で第一次世界大戦に志願し従軍。その後、65歳まで教職を続けたのち、83歳で亡くなるまで執筆活動を行った。幸福についてのコラムをまとめた『幸福論』はいまなお多くの愛読者を持つ。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

昔、僕が演技賞か何かをもらうと先輩に「賞を取った後が大変だぞ」と言われたんです。一つでも当たり役を取るとそれに引っ張られますから。

既存組織の中からはイノベーションは生まれないから、有望なスタートアップを社外から集める。

知識はすぐ身につきますが、それを繰り返し学び直せば、自身の血肉になります。学んで考え、また忘れた頃にふと思い出して考え、学び直す。3年後、5年後、10年後といった中長期で見た時に、どこかでふと「人間性」「物事を俯瞰して見る力」が増していると感じるものです。

部下の意見をしっかりと聞き、真摯に答える。そういうことを率先することで、企業文化がいい方向に向かいます。

当社は海外に4つのパートナー工場を持っていますが、いずれも40年を超える長い付き合いをしています。その中の1つにインドネシアの工場がありますが、初めて出向いた時、私はほとんど報酬を受けずに基本的な技術指導をしました。徐々に現地社員の信用を得られるようになり、経営指導を受け入れてくれるようになりました。このように、信頼関係を大切にする考え方が、長い付き合いを可能にしているのだと思います。

リーマンショックで危機に瀕したとき、成長が期待できる新規事業を立ち上げるなどして、「この状況は何年も続かせないし、絶対に社員を辞めさせない」というメッセージを社員に伝えました。おかげでほとんどの社員が残ってくれたし、業績も急速に回復しました。

自分たちが社会に貢献していると思わせる仕事をさせること。自分の会社がなければ社会は困ると思うと、やりがいを感じる。そうすれば少々仕事が厳しくても辞めないでしょう。

受託開発の仕事はやりがいがありましたし、ある程度自分の思いどおりにモノをつくることもできたので楽しかったです。ただ、会社をスケールするイメージを持つことができませんでした。なぜかというと、受託開発は労働集約型の仕事だからです。働けば働くほど収益はあがりますが、手を止めるとすべて止まってしまいます。会社を成長させるためには、受託開発ではなく、ストックモデルの事業をしなければいけないと。

日本国内で一番になっても、海外を見ればまだまだ可能性は無限にあるわけですから、小成に甘んじないで外を見ろと言いたいですね。

いまは本当の意味でオシャレになってきてるんじゃないですか?服だって、人が着てるから、じゃなくて自分の感性で選ぶ傾向が強くなってますからね。

ページの先頭へ