アランの名言|力いっぱい戦ったあとでなければ負けたといってはいけない

力いっぱい戦ったあとでなければ負けたといってはいけません。これはおそらく至上命令です。

アラン(哲学者) の経歴

エミール=オーギュスト・シャルティエ。「アラン」というペンネームで知られているフランスの哲学者、教師。フランスのノルマンディー地方出身。エコール・ノルマル・シュペリウール卒業後に高校の哲学教師になる。その後、アランの名でデペーシュ・ド・ルーアン紙に哲学コラムを寄稿し続けた。46歳で第一次世界大戦に志願し従軍。その後、65歳まで教職を続けたのち、83歳で亡くなるまで執筆活動を行った。幸福についてのコラムをまとめた『幸福論』はいまなお多くの愛読者を持つ。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

会社経営で最終責任を誰が取るかというと、経営者である私をおいて他にはいません。だからといって、リアリズムだけを押し通しているようだと、社員はついてこなくなります。

舞台の芝居だけではなく、必死で何でもやってました。テレビ局に企画を提案したり、バラエティ番組で1泊3日の弾丸ツアーをやったり、営業もやりました。どんな環境でも、腐るか腐らないかは自分次第だと。

海外事業では、日本病にも気を付けなければなりません。日本人が、日本語の通じる場所で、日本のやり方で業務をしているケースは多い。これが全くダメだということは想像できるでしょう。

コンクリート建築の時代、合理主義の時代に、人間は素材と対話をしなくなりました。しかし日本の建築はもともと自然と調和しているもの。僕はもう一度建築をそこに戻さなければいけないと思っています。

常に勝ち続けるためには組織として戦わなければならない。

経営者と社員は、その利害からいって水と油です。絶対にピタッとはくっつかないのですが、あまりに離れてしまうと問題が起こる。だから、私は社員になるべく近づこうと心がけてきました。そのためには、相手がどんな考えを持っていようと、「社員はパートナーだ」という考えを持つことです。「どんなときも、きみたちの害になるようなことはしていない」と分かってもらうことで気持ちをつかんできました。

先人が手をつけておらず、まだジャンルとして成立してないものを探し、あたかもあるように見せてきた。それをネーミングするのも、仕掛けて広めるのも自分。デビューしてから「一人電通」をずっと続けてきたわけです。

明確な目的意識を持てば、精神的に安定します。実力を発揮できる人は「朝から体が重い」と感じる場合でも、感情と肉体的な不調を切り離すことができる。

人は違いを見つけると、自然と「なぜ違うのか」を考える。そして、話し合いが生まれ、その結果答えが出る。

役に立たない理論のことを「戯論(けろん)」というそうですが、先人が伝承してくださった原理原則を、行なってもみないで「戯論」とするのではなく、まずは素直にやってみることが大事だと思います。もしそれで結果が出なかったとしたら、そこに私心はなかったかと、みずからを疑ってみることも必要ではないでしょうか。

ページの先頭へ