アランの名言|幸福になることは、他人に対する義務

幸福になることはまた、他人に対する義務でもある。

アラン(哲学者) の経歴

エミール=オーギュスト・シャルティエ。「アラン」というペンネームで知られているフランスの哲学者、教師。フランスのノルマンディー地方出身。エコール・ノルマル・シュペリウール卒業後に高校の哲学教師になる。その後、アランの名でデペーシュ・ド・ルーアン紙に哲学コラムを寄稿し続けた。46歳で第一次世界大戦に志願し従軍。その後、65歳まで教職を続けたのち、83歳で亡くなるまで執筆活動を行った。幸福についてのコラムをまとめた『幸福論』はいまなお多くの愛読者を持つ。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

仕事は時代の要請とともに変わっていくものである。新しく生まれる仕事もあれば、消えてなくなっていく仕事もある。なくならないまでも、仕事の価値が目減りするものもあれば、逆に高まるものもある。

組織を牽引できるミドルマネジメントをどれだけ育成し、確保できるか。そのため、若いころから徹底してトレーニングを積ませるのです。

私が考える新規事業とは、何かすごい技術を発明することではありません。すでに基礎的な技術開発は終わっているが、事業としてどう成長させればいいのかを悩んでいる案件を探します。

100年後にも人々に聴かれている音楽をつくること。自分を漱石と比較する気はないけれど、漱石が死んだ年をとっくに過ぎてしまったことに忸怩たる思いがある。

成長に限界が訪れた時、業態を変えないと生き残れない。

今まで私はいろいろな人に助けられてきました。そうした経験を踏まえて、自分は自ら生きているというよりも、生かされているのだと感じるようになりました。

要は規模ではなくスピードです。私は次に何をやるのかで、いつも頭がいっぱいです。

高度経済成長以後、日本は自然との調和という大切なことを、ほとんど意識せずに来てしまったと思うんです。日本において開発とは、自然を破壊して道路を作り、近代的な施設を作ることなんです。田舎には田舎の素晴らしさがあるにもかかわらず、都会の理論をそのまま田舎に持ってくるのが開発だと思い込んでいる。

環境を自分で変えられるか、変えられないかをまず考える。今いる部署が自分に合わなくて、ほかの部署に移れば環境が良くなる、あるいは今の部長と自分が合わなくて、どちらかが異動すれば環境が良くなるというなら、異動願を出すなどして、何としても変えた方がいい。

クレームがあったら積極的に自分が対応しました。これは、スタッフを信頼していないからではなく、役職者が出ていった方が、話が早いからです。多くの場合は、お客様の話をじっくりとお聞きして対応すれば納得していただけるものです。

ページの先頭へ