アランの名言|憂鬱な気分から解放されるには

優しさや親切や喜びのしぐさを演じるならば、憂鬱な気分も胃の痛みもかなりのところ治ってしまうものだ。

アラン(哲学者) の経歴

エミール=オーギュスト・シャルティエ。「アラン」というペンネームで知られているフランスの哲学者、教師。フランスのノルマンディー地方出身。エコール・ノルマル・シュペリウール卒業後に高校の哲学教師になる。その後、アランの名でデペーシュ・ド・ルーアン紙に哲学コラムを寄稿し続けた。46歳で第一次世界大戦に志願し従軍。その後、65歳まで教職を続けたのち、83歳で亡くなるまで執筆活動を行った。幸福についてのコラムをまとめた『幸福論』はいまなお多くの愛読者を持つ。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

下鉄の駅に貼ってあるポスターをみていたら、8割が僕の作品だったこともあります。大きな仕事は次々と舞い込んでくるし、預金通帳の残高は日に日に膨らむ。さらに、賞までもらえる。それなのに、心は満たされず、身体もボロボロ。もともと僕は、デザインによって社会をよりよくしたいと思って、この世界に入ったんです。それなのに、当時はその頃の志を完全に忘れ、与えられる仕事をただやっているだけでした。「ここは、僕が若いときに目指した場所ではない。早く抜け出さなくては」。そう気づいた僕は、20人いた事務所を畳み、1人で出直すことにしました。その結果、仕事も収入も激減しましたけど、ご飯はおいしく食べられるようになったんです。

「挨拶がない!」と言う上司に限って、自分から挨拶していない人が多い。

全員が全力で練習するからこそチーム力は上がる。ある程度几帳面でやる気がないとチームは強くならない。

これまで知らない業界にいきなり放り込まれることばかりでしたが、自分の頭で必死に考え、自分で判断する経験が生きていると思っています。いまでは、異業種の経営もできるという自信も生まれました。
【覚書き|タイヤの輸出入会社、リース会社、テレビ通販番組会社、システム会社、放送会社など毛色の違う業種で経営に携わってきたことについて語った言葉】

松下(幸之助)さんや稲盛(和夫)さんに教えてもらったのは、「やめたときがプロジェクトの失敗だ」ということ。

原因を自分の能力や注意力のせいにしても成功にはつながらない。失敗を活かす人は、「やり方が悪かった」と考える。失敗には必ず原因がある。原因を探り、それが失敗に直結しないよう、仕組みを変えることで成功への糧にできる。

接待は、コミュニケーションの場ですから、相応の「教養力」も求められます。会話で必要なのは、単なる聞き役になることではなく、相手の話を受けてコメントや質問をする反応の良さです。それには日頃から自分の関心分野だけにとどまらず、いろいろなことに興味を持ち、吸収しようという姿勢を持つことです。それは中堅ビジネスマンとして備えていたい、視野の広さや度量にもつながっていくはずです。

自分を信じ、できることを考え続ければ、あとはほとんど気力で達成できる。

家のリフォームは、持ち家である限り覚悟しておいたほうがいいですね。それから体の丈夫な人の盲点が入れ歯。インプラントは1本30万円程度と高額です。実は家のリフォームと歯の治療には共通点があって、どちらも本当にひどくなるまで、つい放置してしまう。すると余計に出費がかさみますから、早めの手当てが結局はお得です。

経営者が知恵をしぼって従業員が働きやすい環境をつくり、従業員が意に感じて一生懸命に働くという、ごく当たり前の経営のあり方が、残業問題のみならず、全国の7割にものぼる赤字企業の、黒字化への何よりの処方菱になるだろう。うちはべつにユニーク経営をしている会社ではなく、普通の会社なんだよ。

ページの先頭へ