アランの名言|気分を変えるには運動を

気分に逆らうのは判断力の成すべき仕事ではない。姿勢を変えて、適当な運動でも与えてみることが必要なのだ。なぜなら、我々の中で、運動を伝える筋肉だけが我々の自由になる唯一の部分であるから。

アラン(哲学者) の経歴

エミール=オーギュスト・シャルティエ。「アラン」というペンネームで知られているフランスの哲学者、教師。フランスのノルマンディー地方出身。エコール・ノルマル・シュペリウール卒業後に高校の哲学教師になる。その後、アランの名でデペーシュ・ド・ルーアン紙に哲学コラムを寄稿し続けた。46歳で第一次世界大戦に志願し従軍。その後、65歳まで教職を続けたのち、83歳で亡くなるまで執筆活動を行った。幸福についてのコラムをまとめた『幸福論』はいまなお多くの愛読者を持つ。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

経営者がお役所感覚だったり、天下り感覚だったりするような会社には、絶対に投資してはダメ。

決断力があるかないかは、生まれつきの性格ではなく、「決断した場数」が多いかどうかで決まる。

会長時代の私が店におもむいて接客を見るとき、まずは働いているスタッフの数を見ました。私は「ゆとりシフト」を組めと指導していたのです。お客様が店に入ったとき、その瞬間に、いらっしゃいませと言えないような従業員の配置では駄目だからです。値下げをしたり、こだわりの味を出すよりも、飲食店は基本的なサービスをきちんと守らなくてはなりません。

感じたストレスをすぐに解消、もしくは軽減することが大切。そのポイントは3つの「R」。すなわちRecreate、Rest、Relaxが有効。

小売業でお金をかけられないのは致命的です。不振企業は赤字店を閉め、既存店の活性化を目論見ますが、お客は店に魅力がないと来ない。10年間、実質銀行管理で店や商品に十分投資できなかったのが長崎屋です。

技術についてアドバイスする時は、「すぐには教えない」ことが大切。進歩とは「変わる」ということ。上司や監督はそのためにアドバイスする時は、「すぐには教えない」ことが大切なんだ。人は変わることを基本的に嫌がる。変えることで「今より悪くなる」という不安が、行動に待ったをかけるんだろうね。だから頭ごなしに話してはダメ。相手が自ら思い悩み、「この状態から変わりたい」と能動的になっているタイミングを見計らう。そうなった時、人はスポンジが水をすいとるように言葉を染み込ませていく。

私は決断力を高める研修の中で、これまでの人生でしてきた決断をリストアップしてもらうことがあります。誰でも大なり小なりさまざまな決断をしてきています。その決断に比べて、今あなたが悩んでいるのは、どれくらい難しい決断か。過去の経験と照らすと、客観的に見えてきます。

社長や取締役の仕事は、使ってもらわなければ活きないサービス業みたいなものだと思っています。部下に「この人をここで連れていけば、突破口が開ける」というように。

先行き不透明な時代に、幸せの基準を狭くしていたら、心が弱くなるに決まっている。

過去は捨て去り、現状を否定する人が問題を発見できる。問題点を自ら見つけ出し、今までのやり方をガラッと変えていける。

ページの先頭へ