アランの名言|イベントは悲劇から解放されるチャンス

社交生活や訪問や儀式やお祝いがいつも好まれるのである。それは幸運を演じてみるチャンスなのだ。この種の喜劇は間違いなく我々を悲劇から解放する。

アラン(哲学者) の経歴

エミール=オーギュスト・シャルティエ。「アラン」というペンネームで知られているフランスの哲学者、教師。フランスのノルマンディー地方出身。エコール・ノルマル・シュペリウール卒業後に高校の哲学教師になる。その後、アランの名でデペーシュ・ド・ルーアン紙に哲学コラムを寄稿し続けた。46歳で第一次世界大戦に志願し従軍。その後、65歳まで教職を続けたのち、83歳で亡くなるまで執筆活動を行った。幸福についてのコラムをまとめた『幸福論』はいまなお多くの愛読者を持つ。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

船井総研では、あるカテゴリーの繁盛店を100軒巡り、その強みを抽出し法則化する「百軒行脚」と呼ぶ研究を行っている。これで繁盛店はどこが違うのかを体得することができる。

お客様が変わる以上、変化対応が当たり前でなければ小売業はできません。だから我々としては、「企業内起業家」というものが一番重要だろうと考えています。

旭化成のリチウムイオン電池事業について言えば、残念ながら2000年に「競争が激化したから」と電池生産からは撤退したけれど、電池技術に関する権利をもとにしたライセンスビジネスが形になり、累計で数百億円という規模のビジネスになりました。

多くの会社は製造原価を下げ、販売管理費を上げる。わかりやすく言えば、材料費にお金をかけずに、宣伝を打ったり営業攻勢をかけてモノを売ろうとする。これではモノは売れません。僕はまるっきり逆で、販売管理費を下げて製造原価を上げた。材料費の方にお金をかけてダントツにおいしい豆富(豆腐)をつくり、安い値段で提供したわけです。

接客に集中し、お客様の立場に立って物事を考えるようにするためにも、従業員の負担を取り除き、向上心を持って気持ちよく働ける環境を整えてあげる必要がある。

学生時代はスポーツの応援でみんなが団結する経験を多くの人がしているはずだ。企業も同じで、何か応援するものがあると、みんながまとまる。

多くの人は、仕事のやり方に疑問を抱いても、それを口に出して誰かと議論することはありません。そして時間とともに憤れてしまい、「仕事なんてこんなものだ」「会社に言っても無駄」と諦めてしまうのです。しかし、この諦めは非常に危険です。「何かおかしい」と思う人がいくら多くても、互いのその思いを表現し合わなければ意味がない。

ビジネスの場合は、相手の話を肯定するほうがいいと思います。西洋だと、「でも」と相手の発言に対し反対意見を述べ、そこから議論を始めるのが一般的ですが、日本の場合は「そうですよね」とまずは相手の言葉を肯定して同調の姿勢を見せないと、相手がこちらに歩み寄ってきてくれないからです。

実は、今では一般的に使われている「介護」という言葉は、私が何度も辞書を引きながら作った造語で、1984年に商標登録をしています。最初は「大人用おむつカバー」と名付けていましたが、どうもしっくりこない。「病人用」や「医療用」と名付けても、使う人や買う人の気持ちを想像すると、うまく言い表せていないと思ったんですね。そこで、介助の「介」と看護の「護」を合わせた介護という言葉を生み出し、介護用おむつカバーに統一しました。

誰かがどこかで正論を主張しなければならない。それが俺の役目だ。タブーへの挑戦が俺のテーゼ。

ページの先頭へ