アランの名言|幸福は意志と自己克服によって生まれる

本当を言えば、上機嫌など存在しないのだ。気分というのは、正確に言えば、いつも悪いものなのだ。だから、幸福とはすべて、意志と自己克服によるものである。

アラン(哲学者) の経歴

エミール=オーギュスト・シャルティエ。「アラン」というペンネームで知られているフランスの哲学者、教師。フランスのノルマンディー地方出身。エコール・ノルマル・シュペリウール卒業後に高校の哲学教師になる。その後、アランの名でデペーシュ・ド・ルーアン紙に哲学コラムを寄稿し続けた。46歳で第一次世界大戦に志願し従軍。その後、65歳まで教職を続けたのち、83歳で亡くなるまで執筆活動を行った。幸福についてのコラムをまとめた『幸福論』はいまなお多くの愛読者を持つ。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

観終わったときに、実に「ああ、映画を観た!」っていうような、そういう映画をつくりたいです。本当にそれだけですよ。「ああ、金を払って得した」とか「観に来てよかった」っていうような。観た人がちょっと元気になるとか、ちょっと気持ちが新鮮になったとか、そのくらいのところが僕らの狙い目だなあと思うんだけど、でも、そういう映画をつくるためには、やっぱり映像表現とか内容についても緊張感を失ってはいけないと思うんです。なかなかそういかないんで困ってるんですよ。

自衛隊で統合幕僚長を務めていたときに東日本大震災が発生しました。指揮官として留意したのは、目の前で起きている事象と、手元にある部隊の能力を正確に評価し、組織をスムーズに動かすことでした。

相手の気配を感じる力は「勘ピューター」のように天から降ってくるものじゃない。普段から相手を観察し、データをとって分析する地道な努力。面倒をいとわず情報と知識を詰め込んだ者だけが手にできる境地だから。要するに相手を読む執念が大事なんだ。「気配を感じ取る」「洞察力を働かせる」力は、観察して分析し、考え抜いた上ではじめて成り立つもの。またそこまで考え抜くから勝てるんだよ。

紙媒体は、自然といろんなニュースや論評が目に入るので、読者に予想もしない着想を提供したり、リスクやチャンスの存在を伝えられたりする。これはフィナンシャルタイムズの読者に多い組織の上層部の人たちにとっては貴重だ。彼らには通常、自分が関心を払っていること以外についても知ってもらう必要がある。つまり、紙媒体には紙ならではの強みがあり、デジタルと両方が必要ということだ。

トップの仕事は決断することです。たとえ30分のミーティングでも最後には結論を出し、次のステップを指示します。そのときの拠り所は、自分なりの価値観です。

長時間労働の抑制を語る前に、なぜ長時間労働しなければいけないのか、という根本的な問題を考える必要がある。残業削減のために、19時になったらオフィスの電源を落として、社員を帰らせるような一律的なシステムは、本質的な回答にならない。

多くの場合、行き詰まりを感じている人は、何らかの依存状態にあります。たとえば、お金の悩みを抱えている人は、会社の収入だけに頼っているために、行き詰まりを感じているのではないでしょうか。もし、給与以外の収入源を模索できれば、今よりも経済的に自立することができるかもしれません。私がお勧めしている週末起業も、会社から自立する一つの方法です。

書く癖を絶対身につけた方がいい。アイデアは書けば書くほど次のアイデアにつながる。バージョンアップする。

(いま使っているものよりも、我が社の商品の方が優れていますと言うことは)現在、他社の商品を使っている顧客の判断を否定することになってしまいます。むしろ、「○○社の商品はいいですよね。いまの段階ではベストチョイスだと思います」と評価してあげることが大事です。

数字を真剣に取り上げない企業が少なくない。事業部が報告書を提出するのは毎四半期という会社もあるが、それでは早期警報の役に立たない。また、予算の予測と市場の現実との大きなズレに慣れてしまっている企業もある。数字が低下すると、彼らは漠然とした希望と販売部の約束に望みをかける。彼らは数字が上がったり下がったりする真の理由を知らず、数字のシグナルをおろそかにする。

ページの先頭へ