アランの名言|気分に任せて生きることの弊害

気分に任せて生きている人はみんな、悲しみにとらわれる。それだけでは済まない。やがていらだち、怒りだす。

アラン(哲学者) の経歴

エミール=オーギュスト・シャルティエ。「アラン」というペンネームで知られているフランスの哲学者、教師。フランスのノルマンディー地方出身。エコール・ノルマル・シュペリウール卒業後に高校の哲学教師になる。その後、アランの名でデペーシュ・ド・ルーアン紙に哲学コラムを寄稿し続けた。46歳で第一次世界大戦に志願し従軍。その後、65歳まで教職を続けたのち、83歳で亡くなるまで執筆活動を行った。幸福についてのコラムをまとめた『幸福論』はいまなお多くの愛読者を持つ。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

テレビに代表されるデジタル家電はエンターテインメントの要素が大きく、生活に不可欠なものかというと、実はそうではない。しかもモジュール化が進み、仕入れた部品を組み立てれば、誰でも一定の品質の製品を作れてしまう。そのような分野の家電では差別化が難しく、価格競争に陥るだけだ。

自らの組織内のコスト構造なども見直していけば、ビジネスの規模は増やしながらコストをかけない道というのはあると思います。そういったところを、一つひとつ潰していくと生産性が上がる。

時間管理の下手な人は、時間の見積もりをしないまま「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」と仕事を抱え込んでしまうので、「とにかく忙しい」「時間がない」と時間に追われることになります。そして、期日に遅れるまで「遅れる」ことが予測できないので、結局は仕事のいくつかを期日に間に合わせることができなくなってしまうのです。

企画を考えたくてもアイデアが出てこない、部下とのコミュニケーションが上手くいかない、などと悩みを抱えている人は多いようです。それは、仕事の効率化が過剰に重視され、無駄が排除されてきたことが一因になっています。一見して無駄と思われることの中には、自分の可能性を広げてくれる要素がたくさん詰まっています。

製品の鮮度を保たなければ、売上を維持したり増やしたりすることはできないと考え、小売店の店頭における製品の鮮度を高める取り組みに力を入れました。たとえば、製品パッケージに製造年月日を表示するようにしました。スナック菓子メーカーでは当社が最初でした。

好かれたいという考えを捨てることが、好かれるための条件。

デザインによって日本の素晴らしい技術を「欲しい」と思っていただけるようにするのが、わたしたちの使命。

ひと言でいって、指導者とは責任をとるということです。責任をとれない人は、指導者たる資格はない。昔は、指導者の心得というのは、みんなのために死ぬということでした。

スランプのときは得意な仕事で成果を出しましょう。野球選手も、スランプのときほど、絶好調時のフォームを思い出して、自信を取り戻すといいます。

研修依頼のお声がけいただいたら、最初に行うことは、組織の現状や悩み、そして最終的に目指すラインまで細かくお聞きした上で弊社が提案できる内容をご説明し、ご理解いただいた上で「本当に私どもでいいか」を改めて判断していただくことです。研修をすることは、組織にとって最も大切な人材をお預けいただくようなもの。最も重要な資産への投資をお任せいただくわけですから一分の齟齬(そご)があってもいけません。相互の信頼が成り立って初めて成果が生まれるからです。

ページの先頭へ