アランの名言|悲観主義は気分によるものであり、楽観主義は意志によるもの

悲観主義は気分によるものであり、楽観主義は意志によるものである。

アラン(哲学者) の経歴

エミール=オーギュスト・シャルティエ。「アラン」というペンネームで知られているフランスの哲学者、教師。フランスのノルマンディー地方出身。エコール・ノルマル・シュペリウール卒業後に高校の哲学教師になる。その後、アランの名でデペーシュ・ド・ルーアン紙に哲学コラムを寄稿し続けた。46歳で第一次世界大戦に志願し従軍。その後、65歳まで教職を続けたのち、83歳で亡くなるまで執筆活動を行った。幸福についてのコラムをまとめた『幸福論』はいまなお多くの愛読者を持つ。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

目標を掲げたうえで、毎日の仕事を○か×かで採点する。△はナシ。白黒ハッキリさせると「×の仕事を明日、○にするにはどうしたらいいか」と考える癖がつく。

30代半ばを過ぎて部下を持つようになると、どの企業でもさらに高いレベルの働き方を求められるようになります。それに応えるためには、自分で自分を高度化していかなければなりません。学び方もより拡張的になり、最後は発展的学びというところまで高める必要があります。ところが、基礎ができていないとそこには進めません。

戦略ストーリーはサイエンスというよりもアートの世界に属します。だから、スキルを磨くのではなく、センスを高めることの方がよほど大切になります。優れた戦略ストーリーの根幹は何か。それは、自分自身が誰よりもそのストーリーを面白がるということです。

一回しかない人生を考えたとき、いかに自分の好奇心を満たし、充実感溢れる生活を送れるか。それが退社をした理由のひとつです。
【覚書き|53歳でTBSを辞め、農業生活に入ったときを振り返っての発言】

日本郵船はこの30年、ピンチのたびに長期的に会社をどう変えていくかを考えてきたように思います。中でも大きかったのは円高です。というのは、海運会社の場合、収入はドル建てだけれども、日本人船員の人件費などコストは円建てが大部分でしたから、円高で円の収入は少なくなるのに支払いは変わらないからです。そこで取り組んだのは、コストのドル化と事業の総合化でした。ともに何代かの社長が長い時間をかけて進めたものでした。

先に休みの予定を入れておけば、予定までに仕事を終わらせなければなりませんから、生産性が必然的に上がります。

血の小便を出すような努力をして、窮しても通ずることができる人間かどうか。経営者にはその資質が求められます。

商売のタネを見つけるためには、常識にとらわれないことも重要であり、そこで私が大切にしているのが、自分の好きに生きる「ガキンチョの心」です。もちろん、会社経営にあたっては、人並み以上の常識は必要です。しかし、その一方で少々常識外れでも、これと思ったひとつのことに夢中になってエネルギーを注ぎ込む情熱を持ち続けることを忘れてはいけません。

具体的な夢がなかったら、仮置きでもいい。人間は怠け者ですから、何か目的を設けないと動けない。

必要なのはセンス・オブ・オーナーシップです。何事も他人事にしない自己責任に裏付けされた強い当事者意識です。チャンスが与えられ、本人にやる気があれば、人は変われる。

ページの先頭へ