相澤賢二の名言|叱ると褒めるの大切さ

上司が部下を気にかけ、「叱る」「褒める」の二つを適切に行っていれば、どんな会社でもお客様と末永い良好な関係を築く営業マンを育てることができると思います。

相澤賢二 の経歴

相澤賢二、あいざわ・けんじ。日本の経営者。ホンダカーズ中央神奈川会長。立教大学卒業後、食品会社、本田技研工業を経て、ホンダカーズ湘南(のちのホンダカーズ中央神奈川)を設立。ホンダカーズ中央神奈川は系列全国販売店13年連続顧客満足度日本一を達成。経営品質協議会から日本経営品質賞を受賞を受けた。主な著書に『サービスの底力』『チームの底力』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「怒る」のではなく「叱る」ことが大切。具体的にできていないことを指摘するのが「叱る」です。それができず、ただ感情的に怒っている上司が世の中には多い。

小山昇の名言|「怒る」と「叱る」の違い


人を叱るときは、言い方にも細心の注意を払いたいところです。相手の人格を否定するような言い方をする人がいますが、あれは良くありません。結果が出なかったのは考え方や行動が間違っていただけで、人格は関係ありません。あるいは、根本的に会社の仕組みにも原因があるかもしれません。それらを考慮したうえで、考えや行動の間違ったところだけを指摘して、次のチャンスを与えればいい。

松井忠三の名言|叱るときにやってはいけないこと


ダメなマネジャーは、感情をぶつけるだけで、改善点をあげません。以前は子供のころから「人を見て自分で身につける」よう教育されてきたので、それでもよかったのかもしれませんが。いまは一から教えてもらって身につけてきた世代です。マニュアルやタスクを与えて、それを達成するために、褒める、叱るを繰り返して達成感を得てもらいつつ、目標に到達するように育てていくことが効果的だと思います。

石田淳の名言|いまのマネジャーに求められること


叱るときのコツは質問をすることです。「売上げが悪いじゃないか!」と責めるのではなく、「原因はどこにあると思う?」「アップするにはどうする?」と問い、相手の答えを引き出しましょう。これなら悪感情を持たれずにすむだけでなく、解決にもつながりやすくなります。

後田良輔の名言|相手に悪感情を持たれずに叱るコツ


父親がガツンと叱るというのは母親の都合に合わせた役割期待です。母親の手に負えないから父親というのもありなのですが、父親の役割がそれだけというのはイメージが貧困ではないでしょうか。父親の教育上の役割をきちんと夫婦で話し合うことが必要です。夫婦のコミュニケーションがうまくいっていれば子供は育つのです。

諸富祥彦の名言|夫婦のコミュニケーションがうまくいっていれば子供は育つ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ