白潟敏朗の名言|部下の意見を聞くときの基本

このエントリーをはてなブックマークに追加

部下の言葉に対しては、話を遮らず、最後まで聞いて否定しないことが基本です。誰でも否定されれば心が折れてしまいます。否定は最も部下からの信頼と敬意を失う言葉です。


白潟敏朗 の経歴

白潟敏朗、しらがた・としろう。日本の経営者、コンサルタント。トーマツ・イノベーション社長。神奈川出身。埼玉大学経済学部経営学科卒業後、監査法人のトーマツグループに入社。同社で300社を超える企業に対しコンサルティングを行う。主なコンサルティング分野は売上増加、コストダウン、組織活性化、経営管理など。主な著書に『上司のすごいしかけ』『売上アップのすごいしかけ』『デキる上司』『上司はひと言』『仕事の「5力」』『やる気を引き出すシンプルなしかけ』『できる上司は「なんで?」を言わない』『たった一つのシンプルな仕掛けで、会社が変わる!』ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は、リスペクトの態度があれば、夫婦間のドメスティック・ヴァイオレンス(DV)、親子間の虐待、組織内のパワハラ、セクハラ、モラハラなどは根源から絶つことができると信じています。人間関係のリスペクト不足が、このような尊厳を省みない対応を生んでいると思っているからです。

ふり返ってみるとずっと同じ道を歩いている。人生って複雑そうでシンプルなのかもしれない。

サービスの品質もさらに高めて、日本交通を圧倒的なブランドにしたい。当たり前のサービスを徹底するだけでなく、サービス業の中でも一流と言われるようなホテルや婚礼業と肩を並べるレベルを目指しています。

中国人は一番身近な家族に高い価値を置きます。本人ではなく奥さんや子供さんに贈り物をすることも効果は絶大です。贈られた人が喜べば、相手との距離は少しずつ縮まり、自己人の領域(自己領域の人。血縁・地縁・業縁等々)に入っていけるはずです。

社長としての役割は明確なゴールを示すこと。今、私たちがどこに行こうとしているのか。それがクリアなら、社員は安心感と信頼感をもって頑張ってくれるはず。

プレゼンテーションとは、自分の主張を伝えるものと考えがちです。しかし、本当に上手いプレゼンテーションとは相手の頭の中に自然にイメージをつくることです。

我々としてはDeNAを「インターネット、特にモバイルインターネットのサービスを提供する会社」と考えている。同時に、ネットをいかに活用して、ビジネスにつなげていくか。変化を続ける社会に対応して新たなビジネスの芽にどんどん挑戦していく、「永久ベンチャー企業」だと考えている。

配当を上げると、いったんは市場で評価される。けれど、恒常的に認められるためにはやっぱり、事業のベースがしっかりしていないとダメ。

ベースになることを教えたら、あとはしっかりと自分たちで話し合って、対応を考えさせるということをやらないとダメ。

「コンビニはこういうもの」という既成概念と戦い、アメーバのように常に様々なものを取り込んで変わっていく必要があります。

ページの先頭へ