細谷功の名言|口癖を変えることの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

いつもの口癖をやめるということは、思考にも影響を与えます。「情報がない」「お金がない」という言い訳ができなくなれば、いまあるものに目を向けざるを得なくなります。すると自然に、「いまある情報でわかることは」「いまある予算でできることは」という思考へと変化していきます。


細谷功 の経歴

細谷功、ほそや・いさお。日本のコンサルタント。神奈川県出身。東京大学工学部卒業後、東芝を経て、アーンスト&ヤング・コンサルティングに入社。製造業を中心に、製品開発、マーケティング、営業、生産等の領域の戦略策定、業務改革プランの策定・実行・定着化、プロジェクト管理、ERP等のシステム導入などを行っている。主な著書に『地頭力を鍛える』『いま、すぐはじめる地頭力』『「WHY型思考」が仕事を変える』『象の鼻としっぽ』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

武士は義のためには、たとえ貧に処するも厭(いと)わず、不義のためには、富貴であっても好むところではない。

男社会の常識は、家庭内では通用しません。夫婦の間に正しいも間違いもない。正しいことは正しくなく、間違っていることが間違っていない。うまくやっていくためには、それを受け容れなければいけません。

グーグルで言葉の意味を調べられることが「検索力」なのではありません。私たちが最終的に知りたいのは、「現在抱えている問題を解決する答え」なのです。その「いま必要とされるソリューション」に、素早く的確にたどり着けることが、本当の検索力だといえます。それには、何を検索語にして情報を絞り込んでいくかといったことよりも、いったい何が問題なのかを把握する能力の方が重要だといえます。

昔から、何もないところで成功しようと考えていました。というよりも、何もないからこそ成功できる。

今年のテーマは許すことです。いままでの僕は、何に対しても完ぺきを求めていました。でも、相手のいいところを探そうとか、見方や視点をちょっと変えると、それもありかな、と思えることがある。もちろん、それは自分に対する甘えにつながる可能性はありますけど、僕の「甘い」は他の人よりよっぽど厳しいと思いますから、それくらいはオッケーでしょう。脱、完ぺき主義ですね。

それぞれが取り組んでいる仕事が、人生かけて果たしたい願いと一つに繋がった時、どんな試練も解決し、新たな創造をもたらす智慧と意志の力が溢れてくる。

いくら「お利口さん」でも、直接、人間とぶつかってみないとわからないことが山ほどある。

ページの先頭へ