細谷功の名言|口癖を変えることの大切さ

いつもの口癖をやめるということは、思考にも影響を与えます。「情報がない」「お金がない」という言い訳ができなくなれば、いまあるものに目を向けざるを得なくなります。すると自然に、「いまある情報でわかることは」「いまある予算でできることは」という思考へと変化していきます。

細谷功 の経歴

細谷功、ほそや・いさお。日本のコンサルタント。神奈川県出身。東京大学工学部卒業後、東芝を経て、アーンスト&ヤング・コンサルティングに入社。製造業を中心に、製品開発、マーケティング、営業、生産等の領域の戦略策定、業務改革プランの策定・実行・定着化、プロジェクト管理、ERP等のシステム導入などを行っている。主な著書に『地頭力を鍛える』『いま、すぐはじめる地頭力』『「WHY型思考」が仕事を変える』『象の鼻としっぽ』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

経団連のように提言するだけでなく、行動を通して空気を変えていきたい。

濱松誠の名言|行動を通して空気を変えていきたい


業績が好調なのは、派手な広告やキャンペーンを極力控え、サイトの本質である良い商品を調達し、サイト上での訴求力向上に努めると同時に、注文が入ったらいかに迅速にお客さまの手元に届けるかといったECサイトの基礎体力とも言うべき部分に原点回帰したのが要因。

前澤友作の名言|ECサイトの基礎体力とも言うべき部分に原点回帰したのが業績好調の要因


人生は何が吉と出るかわからないのだから、思ったことははっきり言ったほうがいい。上司にとってもズバズバ物を言う部下のほうが分かりやすいはず。

太田義勝の名言|思ったことははっきり言ったほうがいい


今回の映画『ゲゲゲの女房』でも何度もつまづきました。鈴木卓爾監督は、本当に納得がいくまでやらせてくれる人で。2000回ぐらいNGを出したような印象。実際の回数はもっと少ないと思いますが、それくらい、とことんやりきりました。

吹石一恵の名言|納得がいくまでとことんやりきる


部下とのコミュニケーションでは必要以上に気を遣い、それがストレスの原因になっているケースも多いようです。腫れ物に触れるように部下に接したり、部下への関与が減ってしまうと、逆に心の壁が生まれます。相手の立場や価値観を理解しようとする姿勢は大切ですが、ある程度の鈍感力はあった方がいいでしょう。

前川孝雄の名言|部下に必要以上に気を遣う必要はない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ