細谷功の名言|仕事で結果を出せる人とそうでない人の違い

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事で成果を出せる人とそうでない人の違いは、頭の良さというよりも、じつは「考えているか、いないか」という点にあります。もっと厳密にいえば、「考える」という行為の前には「考え始める」という高いハードルがあり、多くの人はそれができず、思考停止状態に陥ってしまっているのです。


細谷功 の経歴

細谷功、ほそや・いさお。日本のコンサルタント。神奈川県出身。東京大学工学部卒業後、東芝を経て、アーンスト&ヤング・コンサルティングに入社。製造業を中心に、製品開発、マーケティング、営業、生産等の領域の戦略策定、業務改革プランの策定・実行・定着化、プロジェクト管理、ERP等のシステム導入などを行っている。主な著書に『地頭力を鍛える』『いま、すぐはじめる地頭力』『「WHY型思考」が仕事を変える』『象の鼻としっぽ』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ケネディのスピーチから学ぶべきは、もっとも重要なことを、どのように伝えるかという点です。言葉、表情、身振り、姿勢、振る舞いすべてを駆使し、バーバル、ノンバーバルの両面で、エネルギーを伝えています。

風がピタリと止んでしまうこともある。風が止んでしまったなら、走って風を起こせ。それでもだめなら、崖から飛び降りてでも自分で風を起こせ。

自分は選手に対して、「無視」「称賛」「非難」の三段階で接しているんだ。プロとしてのレベルに達していない選手は無視をする。一定レベルに達した選手は称賛する。そして、一流選手に対しては、徹底的に非難する。

調味料や加工食品を海外に浸透させるには、自分たちの食文化を相手に伝えるのではなく、相手の食文化を理解して、その中に我々が持つ素材をどのように組み合わせてもらえば、料理がより美味しくなるかを訴求しなければなりません。

まずはお互いの拠点を見学し、成り立ちを理解し、食事などで一緒に過ごす時間を共有し、片言でも英語でコミュニケーションを取って、お互いを理解する努力をしてこそ、信頼できる人間だという認識ができてくるのだと思います。

景気が悪いと大企業は採用を控えるので、ベンチャーである当社にとって、採用は追い風が吹いています。それこそ千載一遇のチャンスです。

朝の脳のウォーミングアップでとくにお勧めしたいのは、歩くことです。足を動かすための機能は、頭頂部に近いところにある脳領域が担っているため、歩くうちに血液が脳の高いところまで汲み上げられ、その結果、脳全体に血液がめぐりやすくなります。コースを変えると脳が変化に対応して、思考系も活発になります。

ページの先頭へ