渋沢栄一の名言|慈善事業を趣味にする

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は他人が掛物(掛け軸)とか屏風とかその他の書画骨董に金を出すと同様に、慈善事業に金を費やすことをもって一種の道楽と思うているくらいである。


渋沢栄一 の経歴

渋沢栄一、しぶさわ・えいいち。日本資本主義の父と称えられている幕末から昭和の実業家、武士。武蔵国(現:埼玉県)出身。藍玉と養蚕を家業とする半農半商の家庭に生まれ、幼少より商売と論語をはじめとする中国古典を学ぶ。横浜の外国人居住地焼き討ちなどを計画するも実行直前で説得され取りやめる。幕府に目を付けられ故郷を離れ京都に向かう。平岡円四郎の推挙により徳川慶喜の家臣となり、慶喜の弟昭武の付き人としてヨーロッパに留学。帰国後は、大蔵省に入省。度量衡、国立銀行条例などの制定に尽力。退官し、サッポロビール、王子製紙、日本郵船など数多くの企業設立に携わる。日本の株式制度設立に尽力。初の民間銀行第一銀行創設者。渋沢財閥設立者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私自身、土木工事の作業現場やトラックの運転そのもののプロではありません。そのことがある意味では怖さにつながっていて、大勝を狙う戦術は選びません。何をするにも一歩一歩踏みしめて前に進んでいるつもりです。

社長に就任したとき、私は3つの夢を掲げました。「100%お客様志向の会社に生まれ変わる」「魅力ある人で組織を埋め尽くす」「大切な経営資源であるブランドを磨きなおす」の3つです。

ミッションや経営理念というものは、世のため人のためといった、日常業務とかけ離れた内容であることが多い。それだけに、形骸化、陳腐化しやすいものです。だからこそトップは、繰り返しミッションを語り、常に組織全体に浸透させ、行動化できるよう働きかけ続けなくてはならない。

一般的の方が陥りがちな思い込みが「変化は連続的に、徐々にやってくる」という感覚です。しかし、これも現実に即してはいません。バブルの崩壊、サブプライムの信用崩壊、日本の家電産業の衰退などを見れば、変化は倍々ゲームのような指数関数的な急変としてやってくることがわかると思います。

人とのつながりは重要です。僕の場合、「この仕事は何がきっかけで始まったのか」ということは、いつも振り返るようにしています。すると、つれていってもらったバーで隣に座っていた人が日系企業のトップで、のちに仕事につながったというケースが結構あります。だから人間関係づくりには、お金を惜しまないようにしています。といっても、飲み代と交通費ですが。

私には、消したくても消せない過去があります。でも、いつか子どもたちに会ったときには、恥じない自分でいたい。それがいつになるかは分からなくとも、いつでも胸を張って会えるような生き方をしていたい。そして、一所懸命に生きた証を残したい……。これが、私の仕事に対するモチベーションを支える心の奥底にある思いです。

いかに無理なく続け、英語に触れる時間を積み重ねていくかが重要。

ページの先頭へ