小野田寛郎の名言|命は天にあり、体は我にあり

このエントリーをはてなブックマークに追加

いつ死ぬかは誰もコントロールできない。これはもう、しょうがないですね。「命は天にあり」です。でも、「体は我にあり」で健康管理は疎かにできません。


小野田寛郎(小野田少尉) の経歴

小野田寛郎、おのだ・ひろお。日本の陸軍軍人(情報将校)、階級は陸軍少尉。フィリピン・ルバング島で約30年間戦った日本兵。和歌山県出身。旧制中学卒業後、漆専門の貿易商社「田島洋行」に入社。同社社員として中国大陸に渡り、貿易業務を行った。その後、召集され陸軍予備士官学校卒業後、情報将校を育成する陸軍中野学校二俣分校で諜報とゲリラ戦について学ぶ。遊撃戦指導の任務を受けフィリピンに派遣される。太平洋戦争終結後も含めてルバング島で約30年間戦い抜いた。その後帰国したのち、ブラジルに移住し、農場主として苦労の末成功を勝ち取った。主な著書に『わがルバン島の30年戦争』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

食うこと少なくして、噛むことを多くせよ。
乗ること少なくして、歩くことを多くせよ。
着ること少なくして、浴びることを多くせよ。
悶ゆること少なくして、働くことを多くせよ。
怠けること少なくして、学ぶことを多くせよ。
語ること少なくして、聞くことを多くせよ。
怒ること少なくして、笑うこと多くせよ。
言うこと少なくして、行うこと多くせよ。
取ること少なくして、与えること多くせよ。
責めること少なくして、褒めること多くせよ。

快い眠りこそ、自然が人間に与えてくれる優しく懐かしい看護婦だ。

社員が健康で幸せであるほど仕事へのモチベーションも高まり、さらなる事業の成功をもたらしてくれる。

病気をしてから覚えた僕流の治療法は、笑うことです。退院してすぐは、ほんの1分ボールを打っただけでヘトヘトになりましたが、それでもとにかく笑うようにしていると、不思議と段々疲れなくなっていきました。笑いが免疫系にプラスに作用したのだと思います。

不健康、早く老いることの原因は、肉体より精神にあります。精神に感激性のなくなることにあります。ものに感じなくなる、身辺の雑事、日常の俗務意外に感じなくなる、向上の大事に感激性を持たなくなる。これが一番いけません。無心無欲はそういう感激の生活から来るもので、低俗な雑駁(ざっぱく)から解脱することに他なりません。

人生の豊かさを決めるのは、六つの柱のバランスである。その六つの柱がバランスのとれた状態であれば、豊かな人生になるだろうと私は考える。その六つとは「仕事」「家庭」「教養」「財産」「趣味」「健康」である。人生という大きなテーマに対して漠然としか考えられないという人が多い。そうしたときに、六つの柱を一つずつ明らかにしていくと考えられるのである。

どんな業種でも人的資源こそ成功の礎。人的資源への投資、なかでも健康への投資を重視し、社員の価値を最大限に生かすよう努めています。

ページの先頭へ