スティーブ・ジョブズの名言|自分の直感を信じることの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

他人の意見で自分の本当の心の声を消してはならない。自分の直感を信じる勇気を持ちなさい。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

会議には必ず「そもそもの目的」があって、それを達成することが、参加者全員に共通する勝利のイメージでなければならないからです。でも実際は、俺だけが目立てばいいとか、盛り上がればそれでよしという人が、どの業界にも実に多い。周りがどうだろうと、自分だけは常に「そもそもの目的」を忘れないことを心がけてください。

世の中全体がコストコストと言うせいで、安い物を作れば売れると思っている人が多いですが、そんなことはありません。うちのお客さんは、本気で農業をやっているプロ中のプロ。そういうお客さんに、高くても買ってもらえる機械だけを作っているのです。

小中学校に呼ばれて子供たちにミドリムシの話をする機会も少なくないのですが、「なら、僕はダンゴ虫で会社を作る」などと言ってくれています。あと、子供たちにミドリムシの話をすると、なぜだかすごく元気になる。不登校や引きこもり、いじめと今の学校生活は大変でしょう。でも私の話を聞くことで、きっと「ミドリムシでさえ社会に役立っているのだから、自分も頑張ろう」と思ってくれているのではないでしょうか。

人生の時間の大半を費やす仕事を楽しめれば、人生はとっても楽しい。

人をおろそかに扱う企業は長く続かない。技術の発展が自動化を実現し、最先端PCがシステム化を促しても、仕事の中心はいつも人だ。

私が最初に買った物件はハワイのマウイ島にある、1万8000ドルの安物件だったけど、物件の下水管が破裂して、下水がすべて私の買った部屋に流れ込んできたんだ。賃借人は出て行くし散々な目にあったけど、これもいまでは笑い話。あの物件を買ったおかげで、学校で学んだことよりもはるかに多くのことを学ぶことができた。

モデルというのは持って生まれたものが大きく影響するので、努力でどうにかなるものではない部分もあります。正直に言うと、本当にきれいなモデルさんを見ると、かなわないな、と思ってしまうこともあります。でも、お金をいただいてプロとしてやっている以上は、それ相応の、いえ、それ以上の結果を出さないといけないと思っています。ですから、努力でどうにかなる部分は自分をどんどん磨いて、心も磨いて、好きな道でいい舞台に立ち続けていきたいですね。

ページの先頭へ