スティーブ・ジョブズの名言|自分の直感を信じることの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

他人の意見で自分の本当の心の声を消してはならない。自分の直感を信じる勇気を持ちなさい。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

異なる経験やアイデアをもった人材同士が活発にコミュニケーションをとれば、そこから新たな革新が生まれます。多様性こそが、私たちの成長を後押しする原動力なのです。

なんら失敗がなく自然と伸びていくので、他人からつくりごとのようだと言われるくらいだった。もともと大雑把な私のこと、すべて楽観してやるので、人が止めても何しても独走してしまう。たまたまこの独走がものをいった形だ。
【覚書き|地方の小さな仕立て屋を足袋販売、ゴム底地下足袋販売、ゴム靴販売で従業員2万人の会社にしたことについて振り返っての発言】

仕事は人生のスパイスです。どんな苦境に陥ろうとも、その中で楽しめるかが重要なのです。

後継者育成は企業風土を変える経営戦略作成よりも大事だと考えています。後継者の指名を間違えて衰退した企業もたくさんあるわけで、どう選抜するかが大きな焦点なのです。

誰かが大きくブレイクできるかできないか。その違いは、キーとなる人と出会うかどうか。ただし、人生これに賭けているくらい突き抜けてないと、人は声をかけてくれない。

無私の心を自分で確立するのは、実はそれほどむずかしいことではありません。どうすればよいかと言うと、自分の得にならないことをできるだけやっていく、ということに尽きるのです。

プロでも企画を一人で考える人はいますが、慣れて上級者になったか、そうせざるを得ない状況にあるかです。企画をつくり慣れている人であればあるほど、「企画を考える=人と会う」になります。企画は人と人との間にできるものだからです。何となくやりたいことや困っていることを人に話していく中で、自分のやりたいことが明確になっていきます。

ページの先頭へ