スティーブ・ジョブズの名言|自分の直感を信じることの大切さ

他人の意見で自分の本当の心の声を消してはならない。自分の直感を信じる勇気を持ちなさい。

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

グループ全体で5000人以上いますから、一夜にして変わるということはありません。ただ、ヤフーのもともとのDNAがスピーディな組織文化だったので、それを思い出そうと言っています。

危機に直面したときに、どのような抜本的な手を打つかによって、その後の競争力が変わる。危機をどれほど深刻に捉えて、どういう抜本的かつ本質的な手を打つか。それによって後の競争力が本当に変わってしまう。

会社を黒字にさせる方法は、大きく分けて2つ。コストを削減すること。もう一つは、並行して売上増を実現すること。

「そこそこきちんと仕事をしているつもりなのに、長い間低い評価が続いている」というときが、一番危ないと思った方がいいでしょう。きちんと結果を出しているにもかかわらず、上司にまったく伝わっていないケースも多いので十分注意してください。

運の悪い人とつきあうと運がとられる。

お客様の感情をどう動かすか、心の揺らぎをどう起こすかだけを考えてきた。その商品を使ってお客様がどのような体験、経験をしたいのかまで考え抜いています。

組織の中を血液がさらさらと流れるという状態がまさにコミュニケーションであるといえます。さらさらと流れずに血液が詰まってしまっているのであれば、どこで詰まっているのかを見つけなければいけません。

営業の仕事は、理屈だけでは売れないんです。コミュニケーションなんですよ。

自分たちの問題点に真剣に向き合えば、他社の良いところを学ぼうとする気持ちも自ずと生まれる。

「問題解決」こそが会議の目的。ここを押さえていない人が多いがゆえに、ムダが発生するのです。

ページの先頭へ