スティーブ・ジョブズの名言|リスクが溢れていることはとてもいいこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

いまはまたリスクが溢れている。これはとてもいいことだ。そのリスクを覗いて向こう側を見てみると、なんだか大きく化けそうだと思えてくる。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

性格は変えられなくても、行動は変えられる。

テーマと物語の面白さの両立には心を砕きます。面白いからこそ、無関心の人にも届く。

企業にとっては、顧客の無言の退出が一番怖い。そう考えると、クレームを伝えてくれる顧客には、素直に感謝すべきだと分かるでしょう。なぜなら、自分たちが気づかなかった改善の方向性を、ストレスというコストを払って示してくれたのですから。

ロボットと人間の共生は可能です。私はロボットと人間が一体となって動けるような仕組みを作りたい。要は人とロボットが一緒に働く世界ですね。

ひとつの組織にどっぷりはまっているとクリエーテイブな発想は生まれず、化学反応も起きにくくなる。

「もうこれでいい」と思った瞬間から、会社の没落が始まる。

例えば日本では美しい漆塗りや着物の帯があります。これらは何十年にもわたって培われた伝統と職人技から生まれたものです。両方とも、その気になれば中国でつくることもできるでしょう。ですが本当に同じ品質を保てるでしょうか。そこに長年培われた文化は宿るのでしょうか。文化を培うには何十年もかかりますから、他の国に置き換えることは非常に難しい。我々が「メード・イン・イタリア」にこだわる理由もそこにあります。

ページの先頭へ