スティーブ・ジョブズの名言|リスクが溢れていることはとてもいいこと

いまはまたリスクが溢れている。これはとてもいいことだ。そのリスクを覗いて向こう側を見てみると、なんだか大きく化けそうだと思えてくる。

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ムリやり、周りに合わせた能力を持っても差をつけにくい。ほかの人と違う取り柄を持てば市場価値は上がる。人がマネしにくいスキルのほうが高く評価され、長続きする。

急激に売上を伸ばそうと大量生産すると、品質が落ちてしまう恐れがあります。売上を重視するあまり、低品質の製品をお客様に提供するようでは、本末転倒です。私は、急激な成長をめざすのではなく、一段一段階段を上がるように成長していくことを目指してきました。

社員は営業に苦戦すると、「今回の商品が売れていないのは、商品の良さを分かってもらえていないからなので、宣伝を強化しましょう」と提言しがちです。ところが、それは自分たちが作った商品をユーザー目線で見られなくなっているだけです。やはり売れる商品は「売れる顔」をしています。「売れない顔」の商品は、いくら宣伝しても売れません。

既存のルールに関しては従来通りに尊重しつつ、おかしなものについては異を唱え、ルールづくりや変更にも積極的に関わる。国際競争を勝ち抜くには、その姿勢が大切だ。

体力がある若い頃は仕事を「量」で測りがち。対して成熟したビジネスマンは仕事を「パフォーマンス」「成果」で測る。そして、短い時間でそれを獲得したことに達成感を覚える。

ちょっとした効率化をしているかどうかで、大きな差がつくもの。

価値の劣ったものを手放さずにいると、もっと良いものが出た時に「取る手」が空いていない。その時に慌てて手放しても、もう他の人のものになっているかもしれない。

上司の役割として大切なのは、やはり部下の希望ややる気、あるいは悩みをわかってあげることだと思います。「どうしてできないんだ!」「やれないお前が悪い」と責めるのではなく、「できない理由はどこにあるのか」「何にこだわっているのか」と一緒になって考えて、うまくいかない原因を取り除いてあげる。少なくとも、部下の気持ちをわかってあげられれば、本人は「あ、この人は理解してくれるんだ。じゃあ頑張ろう」という気になれるのです。

「楽しもう!」と言うだけでは、スタッフの心は動かせません。少なくとも、僕が眉間にシワを寄せて仕事をしていたら、スタッフも楽しめませんよね。だから、僕が率先して楽しむ姿を見せるというわけです。

上昇気流の中にも小さなさざ波のような上下動はある。その小さな波だけを見て、「落ちてきた。マズイ」と落ち込んではダメ。精神面がマイナスに向かうと、それにつられて肉体面もマイナスに向かってしまう。それが大きな下降気流を呼び込んで、スランプのドツボにハマってしまう。そうなったらもう手遅れ。

男性の場合、闘志を維持するには筋肉が大事。私は、週に一回、日曜日にジムに行って汗を流して、重いものを担ぎ上げたりしているんです。「マッスル・インテリジェンス」ですよ。「おい、どうする、やるのか?」と問いかけたら、筋肉が「やるんだ、打ち破ってみせる」と答える。頭だけではなくて、頭と筋肉が一体になって決断する。私は、格闘技もしていましたから。

自分の周囲にいる話が上手な人をよく観察して、真似してみるのも良いでしょう。何もしないで話し上手にはなれません。練習と実践あるのみです!

もっとやさしく、誰にでも分かる言葉にしたほうがいいね。
【覚え書き|部下への言葉】

ページの先頭へ