スティーブ・ジョブズの名言|リスクが溢れていることはとてもいいこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

いまはまたリスクが溢れている。これはとてもいいことだ。そのリスクを覗いて向こう側を見てみると、なんだか大きく化けそうだと思えてくる。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

企画を通したいときや、商品を売り込みたいときには、もちろん企画や商品の内容を充実させることが大切です。でも、多くの場合、内容はすでに十分に備わっています。日本のビジネスマンは、内容を充実させることについては、日々ものすごく努力をしていますから。けれども、残念ながら、内容だけでは相手の心は動きません。それが自分にとってどんなメリットがあるかがわからないからです。だから、伝え方を工夫することが大事。

最初に行なうべきは、「中学英語の復習」です。その類の本はたくさん出ているので、単語と文法を学べる本を一冊ずつ買ってきてやり直します。リスニングの練習も兼ねるので、CD付きの本を選びましょう。「いまさら中学英語?」と思うかもしれませんが、書店で立ち読みして、わからないところがあったら素直にやり直すべきです。中学英語の理解が中途半端なままだと、TOEICの解説書を読んでもわからないところが多く、学習効率が悪いからです。それではストレスが溜まり、挫折のもとになります。

「中小企業の活性化を我々がやらない限り他に誰がやる」という高い志を持って期待に応えて行きたい。

心理学の世界では、「やる気とはものではなく、ましてや、なくしてしまえるようなものでもない」ことが分かっています。人間は常に、強い意欲・やる気を持っているのです。「仕事をやる気が起きない」と不満を言う時は、大抵の場合、自分が持っている強い意欲・やる気を満足させる具体的な方法を見つけられないだけなのです。

私は店員をどんなに若くても××君と呼び、妻には××さんと呼ばせた。使用人ではない、仕事の協力者という扱いである。食事も三食とも皆で一緒にする。私は少年のころ、叔母の家で食べ物の差別に苦しんだことも決して忘れていなかった。食事の点だけは、妻は猛反対して、たまにはあなただけに鯛の刺身でもつけたいなどと言ったが、私は承知しなかった。彼らへの愛情は、子供に対する愛情をもってしなければ不徹底だと思ったからである。

ネットの発達により誰もが多くの情報を得られるようになりましたが、その情報があまりにも膨大なため、どう取捨選択していいかわからなくなる。結果、細かいところにこだわり、かえって「思考停止」に陥り、結論が出せなくなってしまう。

僕は、あくまでクリエイターです。自分の作り出したものを世の中に問いたいから起業した。経営者がクリエイターでなくなったらそこで終わりだと思う。トップの僕が社内でも一番創造的なアイデアを持ち続けていたい。

ページの先頭へ