スティーブ・ジョブズの名言|横並びの製品よりも大事なのは次の夢

このエントリーをはてなブックマークに追加

我々は自らのビジョンに賭けているんだ。そうする方が横並びの製品をつくるよりいいと思っている。そういうものは他社に任せるよ。我々にとっていつも大事なのは次の夢なんだ。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

部下の文句は抑えつけた方が安全は安全なんです。「文句が出ない=不満や問題がない」と周囲は見てくれる。昔から私のチームは部下が散々私の悪口を言うので、常に「酒巻のところは危ないんじゃないか」と言われていました(笑)。でも、言いたいことを言わせる方がいい発想が出るし、絶対に成果につながります。

無計画に貯金している人は、人生の目標があやふやなのではないでしょうか。落ち着いて考えてみれば、誰にでも実現したい将来像があるはずです。おそらく、忙しさで忘れてしまっているだけなのです。ですから、まずはじっくり想像することが大切です。自分の実現したい将来像が見えてきたら、それを踏まえて「何を手に入れたいのか」を書き出していきます。それが出そろったら何をいつ買うか、具体的な支出計画にしていきます。

企業は進化しなければなりません。前へ、前へと進んで行くのです。止まってしまうと、事業はどんどん衰退します。

欧米人にとって社会というのは、宗教や言語が異なる人たちの集まりですから。彼らは何の努力もなしに自然と分かり合えるなんて、最初から思っていません。何かを得ようとしたら、言葉でその意思を伝え、相手を説き伏せるしかありません。欧米人が二項対立のような論理的思考を好むのも、それが異質な他者を説得するのに効果的だからでしょう。

我々の会社は家電メーカーであるという意識が過去から強いが、実態は必ずしもそうではありません。家電比率は3分の1。北米では10%を切っています。まず、社内外に対して何がパナソニックなのかということを正しく伝えます。

人間には無限の可能性があることだけは知ってほしい。

「チームのために」というのが、最近の子供をモチベートするうえで重要なカギになります。今の子供たちは満ち足りているから、何かモノが欲しいから、という理由では頑張れない。親がどんなに「勉強するのは将来のためよ」といってもほとんど効き目がありません。何が欲しいかというと、「仲間からの尊敬」が欲しいんですよ。

ページの先頭へ