スティーブ・ジョブズの名言|横並びの製品よりも大事なのは次の夢

我々は自らのビジョンに賭けているんだ。そうする方が横並びの製品をつくるよりいいと思っている。そういうものは他社に任せるよ。我々にとっていつも大事なのは次の夢なんだ。

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分の仕事にとってのひとつの転機になったのは、40代の後半になってから雑誌に連載した『住宅巡礼』です。20世紀の名作住宅をひとつひとつ訪ねてルポルタージュを書くというものでした。400字詰の原稿用紙で20数枚というまとまった文章を書くなんてはじめてでしたからね。それが最終的には19回分の連載になったので、大変さは半端じゃなかった。世界各地の名作住宅を、ほとんど一人旅で30軒ぐらい訪ねて回りましたね。旅費と宿泊費が取材費を大幅に上まわって、毎回、大赤字だったけど、その経験で得たものは、自分にとってはお金なんかに換算できない生涯の財産になりました。この連載をきっかけにして、文章を書くことが僕のもうひとつのライフワークになり、自分の進むべき文章の世界の扉が開いたんですよ。

まったく違う分野から、新しいプレイヤーが突如誕生してくる。そんな可能性がある。

小さな一歩を細かく繰り返すほうが多くを学べる。

ミスを「ゼロ」にするのは不可能だとしても、限りなくゼロにする努力は怠ってはだめ。小さなミスが続いているのに、その対処を怠れば、いつしか大きな「事故」になる。

自己否定をできず、成功体験にあぐらをかいていると、自社を取り巻く状況が変化したときに必ずやられてしまいます。

一人一人の社員が付加価値を生むために、会社の理念をどう見せ、どういう仕組みを作ればいいのか。それを考え続けるのが私の仕事だと考えている。

受発注がデジタルになると、まず、販売力が違ってきます。紙を使うよりも商品数を増やせますし、映像なども使える。さらに、管理力もアップしてお客様の固定化を進めることができました。

余裕がなければ損はできない。余裕を持つためにどうするか、考え続けることが大切。

現在のようなビジネスモデルの変化や世の中の動きが流動的な時代に求められる要素は、(1)情報への感度、(2)柔軟な発想、(3)決断力、(4)行動力。この4つだと考えています。

今やるべきことに一生懸命に取り組む人の生き方は、実に魅力的です。人間的な魅力に磨きをかければ、たくさんの人が応援してくれます。多くの応援は、生きていくうえで様々な助けとなり、成果にも結びつきやすくなる。

仕事時間の見積もりをする際には、不確定要素にも注意してください。たとえば、人にお願いしていることやモノの手配。これらは、自分がどう努力しても、なんともなりません。それだけに、可能なかぎり前倒しをする意識を持って見積もることが大切です。

常にお客様から相談を持ちかけられるような強固な信頼関係を構築するとともに、サービスの内容を進化させ続けていくことが重要です。

まず大切なのは、相手の心の扉を開けること。そのカギになるのが、会話の最初の話題、いわゆるツカミだ。商談やプレゼンなど、相手にリラックスして話を聞いてほしい場面はたくさんある。相手にとっていくら良い話をしても、心が固くガードされていれば、なかなか理解してもらえず、納得もされない。そんな時、ツカミをうまく使えば、相手の緊張をほぐし、自分もリラックスした状態で話すことができる。

ページの先頭へ